2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ・dpiとは | トップページ | ・人間の視感度と植物の緑について考察 »

2015年7月18日 (土)

・比視感度とは

人間の目には視感度特性というものがあります。
同じ強さで点灯している光でも
どの色(波長)が明るく感じるか、
といったものです。

明るいところでは、目の中にある錐体細胞で光を感じ
暗いところでは、より高感度な桿体細胞で光を感じます。
桿体細胞は一種類しかないので、色を識別できません。

明るいところでの視感度を明所感度、
暗いところでの視感度を暗所視感度といいます。
一般的に「視感度」というと明所視感度のことを言います。

明所視感度の特性グラフ
Hisikando

大体555nmのところにピークがあり、
緑色の光を一番眩しく感じます。
(ペンタックスの一眼レフのAF補助光は緑なので眩しい)

カメラのセンサーは機械なので、
この視感度とは違います。
しかし、極端に青い光や赤い光の下では
人間の明るさの感覚と、カメラが感じる明るさが異なってしまうので
人間の視感度を考慮してカメラの露出を決める必要があります。

カメラのCMOSのRGBセンサでGが多くあるのも
こういった理由からです。

ベイヤ配列
53

« ・dpiとは | トップページ | ・人間の視感度と植物の緑について考察 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/60792379

この記事へのトラックバック一覧です: ・比視感度とは:

« ・dpiとは | トップページ | ・人間の視感度と植物の緑について考察 »