2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ・二子玉川花火大会 | トップページ | ・オリンパスから OM-D E-M10 markII発表 »

2015年8月24日 (月)

・水中写真をはじめよう2(撮り方)

その1(お勧めカメラ)

水中写真は単に撮るだけならば簡単です。
いい感じに撮ろうとすると一気に難易度が上がります。
ただ、水中写真のセオリー的な事を知っていれば
まあまあの写真は撮れるようになります。

・水中ではズーム機能は使わない!
遠くのものを写すのにズームは使わないようにします。
被写体までの距離が遠いほど、間の水の層が多くなるので
青かぶりします。
ズームしないで、自分が近寄るようにします。
Tooi

Tikai_2

・水中では超広角かマクロだけ
水中写真の種類は極端です。
魚眼レンズのような超広角orマクロ
この二種類でほとんどです。

超広角の写真
Resize150561
ワイドコンバーションレンズなどで撮ります。
被写体に思いっきり近づくことが大事です。
ぶつかるくらい近づく。
外付けフラッシュがない場合は
フラッシュを発光しない方が良いです。

マクロの写真
Resize150558
コンデジだと1cmまで近づけたりするので
ウミウシとか撮り放題です。
小さいエビやカニなども。

・できれば被写体を下からあおり気味で撮る
Resize150563
クマノミのような被写体は、
下側から水面を入れるように撮るといい感じになります。
この際は、ストロボを焚いて
クマノミの赤い色を出すようにしたほうが良いです。

« ・二子玉川花火大会 | トップページ | ・オリンパスから OM-D E-M10 markII発表 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/61310529

この記事へのトラックバック一覧です: ・水中写真をはじめよう2(撮り方):

« ・二子玉川花火大会 | トップページ | ・オリンパスから OM-D E-M10 markII発表 »