2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・水中写真でおすすめの被写体 | トップページ | ・写真を飾ろう »

2015年8月 7日 (金)

・動画で使うログとは

映画の撮影は長らくフィルムで行われてきました。
フィルムで撮影し、デジタルデータにてCG加工を行い
映画館で上映する為にフィルムに焼きつける。

上記の流れの過程で、
フィルムで撮影されたものをデジタルにする際に
フィルムの濃度とコンピュータで扱うRGBの色域変換する時
それぞれ皆が別々の方式や機材でやっていると
映像のシーンごとにコントラストや色合いが変わってしまいます。

デジタル化する際の基準としたのがシネオンと呼ばれるものです。
ネガフィルムの濃度とデジタルデータの数値を対応付けしています。
この対応付けを「Log」と呼ばれます。
対数のLogです。

写真用語のアペックス値ではよく数式にLogが出てきます。

1

対数を使うと光の入力量と撮影画像の明るさが線形(リニア)に
表現できるので扱いやすくなります。
写真でよく出てくるガンマは指数に関する事なので
似たようなものです。

デジタル動画撮影時に
このLogに合わせた方式で記録すると、
映像制作が楽になります。
Logの曲線はメーカによって異なり、
キヤノンはCanonLog、ソニーはS-Log
パナソニックも最近V-Logとして対応しました。

カメラの機能で白飛び軽減
ハイライト補正とか、オートライティングオプティマイザとか、
これらの機能はダイナミックレンジを200%拡大(2倍)にしますが
キヤノンのLogだと800%拡大です。

ネガフィルムのラティチュード(ダイナミックレンジ)が広いので
それに合わせた感じです。
白飛びがしにくくなりますが、画像全体のコントラストが低下し
眠い映像になります。
また、ダイナミックレンジを拡大すると実質感度が高くなるので、
ISO100のカメラなら、ISO800相当の感度になります。

ダイナミックレンジ100%
Resize150216

擬似的にダイナミックレンジ800%
Resize150217

ダイナミックレンジが広い画像を元に、グレーディングと呼ばれる
映像のレタッチ作業を行い、いい感じの動画に仕上げます。
Imgp24

« ・水中写真でおすすめの被写体 | トップページ | ・写真を飾ろう »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/61060098

この記事へのトラックバック一覧です: ・動画で使うログとは:

« ・水中写真でおすすめの被写体 | トップページ | ・写真を飾ろう »