2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・赤い花火の色をうまく出す現像方法 | トップページ | ・BORGでツバメ »

2015年9月 4日 (金)

・テレセン性が高いとは

フィルムからデジタルカメラになり、
レンズに求められる性能がかなり変わりました。
その性能のうちの一つがテレセン性です。
テレセン→テレセントリックの略。
射出瞳が無限遠にある光学系の事(像側テレセントリック)。

テレセン性とはレンズから射出する光線が
光軸に対してどれだけ平行に近いかということです。

テレセン性の低いレンズ
3

テレセン性の高いレンズ
4

テレセン性が低いレンズを使うと発生する問題は
周辺光量落ちがひどくなる

IRカットフィルターによる
周辺色づき(カラーシェーディング)が発生しやすくなる

等が挙げられます。
テレセン性があまり気にされていなかったオールドレンズなどを
最新カメラのSONY α7につけたりすると
このような問題が生じたりします。

« ・赤い花火の色をうまく出す現像方法 | トップページ | ・BORGでツバメ »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/61466221

この記事へのトラックバック一覧です: ・テレセン性が高いとは:

« ・赤い花火の色をうまく出す現像方法 | トップページ | ・BORGでツバメ »