2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 船堀タワーから夜景撮影 | トップページ | ・ひとつの被写体をいろいろなパターンで撮ってみる »

2015年9月29日 (火)

・スーパームーンを撮影、画像処理

最近、天体現象の観測が流行っている気がします。
昨日はスーパームーンでしたが、SNS等のタイムラインは
月の写真でうめつくされました。

みな、同じような写真なので少しインパクトが有るように
画像処理をして、SNSで見栄えがするようにしてみました。

Resize150872

こんな感じです。

過去の月の撮影方法の記事

SNSでアップされた写真は見ている人は等倍拡大とかしないので、
トリミングや縮小をしています。

まず撮影機材。

Resize150878

PENTAX Q


DA★300mm

HD DA x1.4リアコン

KQマウントアダプター


バランスプレート

SLIK SBH-330

GITZO2型4段三脚

撮影して撮って出しの画像はこんな感じ
Resize150880

大体SNSでアップされているのはこんな感じです。

CameraRAWで現像します。
Resize150873

トーンカーブをいじって、月の模様を際立たせます。
次にシャープネス。

Resize150874
ガッツリかけます。
この際に、違和感のある仕上げにならないように、
パラメータを調整します。

いい感じになったら、フォトショップで開きます。
レイヤーをコピーして、合成方法をソフトライトにしました。

Resize150876
ソフトライトにすると、暗部が暗く、明部が明るくなり、インパクトが強くなります。
このソフトライトのレイヤーにシャープネスをかけます。
Resize150875_2

いい感じになったら最後に、トーンカーブを微調整して仕上げ。
Resize150877

完成です。

Resize150879

あとは最初に書いたとおり、スマホでSNSを見ることを想定して、
SNSの鬼圧縮と小さい画面での閲覧を考えてトリミング、縮小をしてインパクトを出します。

« 船堀タワーから夜景撮影 | トップページ | ・ひとつの被写体をいろいろなパターンで撮ってみる »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/61828285

この記事へのトラックバック一覧です: ・スーパームーンを撮影、画像処理:

« 船堀タワーから夜景撮影 | トップページ | ・ひとつの被写体をいろいろなパターンで撮ってみる »