2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・BORGでツバメ | トップページ | ・センサのゴミの各社対応方法 »

2015年9月 8日 (火)

・絞るとセンサ上のゴミが目立つ理由

一眼カメラはカメラ内にほこりなどのゴミが入ると、
センサにくっついて画像に影響を及ぼすことがあります。
症状がひどいとメーカーに持ち込んで
清掃をしてもらう必要すらある厄介な問題です。

センサのゴミについての記事

このゴミですが、
普段撮影していて目立つ時と目立たない時があります。

目立つ時(F22)
Resize150535

目立たない時(F2.8)
Resize150536

何が違うかというとF値です。
絞った方が目立ちます。

下の図は、開放の時と絞った時の
ゴミの(影の)うつり込みを表しています。

開放の時
5

絞った時
Sibori

絞った時は狭い範囲からの光線が照射されるので
センサーの前についているフィルタの汚れの影が
センサに落とし込まれます。
そのために、ゴミが目立ってしまいます。

感覚的には、晴れた日は建物などの影がはっきりとできて
曇りの日は空全体から照らされるのではっきりした影ができないのに
似ています。

« ・BORGでツバメ | トップページ | ・センサのゴミの各社対応方法 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/61522417

この記事へのトラックバック一覧です: ・絞るとセンサ上のゴミが目立つ理由:

« ・BORGでツバメ | トップページ | ・センサのゴミの各社対応方法 »