2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・センサのゴミの各社対応方法 | トップページ | ・K-3でライブビューでの天体ピント合わせ裏ワザ »

2015年9月10日 (木)

・キヤノン超高画素センサー

キヤノンが2億5000万画素のAPS-Hセンサを
発表しました。
研究レベルのものかと思いますが、
昨年発表した1億2000万画素のセンサを搭載したカメラは
試作しているそうです。
http://web.canon.jp/pressrelease/2015/p2015sep08j02.html

商売というよりも技術力の誇示のための開発だろうですが
レンズの性能が追いつくのかが疑問です。

1億2000万画素のセンサーの画素ピッチは約2.2μm
2億5000万画素のセンサーの画素ピッチは約1.5μm

参考
1200万画素で1/1.7inchセンサの画素ピッチ(PENTAX Qなど) 約1.55μm
2000万画素で1/2.3inchセンサの画素ピッチ(スマホなど)    約1.2μm

スマホのレンズは明らかに性能が追いついていないですが
Qや高級コンデジなら、よいレンズをつければ
何とかぎりぎり?といった感じです。

しかし、これだけ画素ピッチが狭くなると心配なのが
回折限界。

以前に書いた回折限界に関する記事

PENTAX Qの回折限界はだいたいF2.8です。
2段暗いF5.6のレンズとかだとどうしても像がボケてきます。

そのため、1億画素超の一眼で性能を活かすには
実質使えるレンズはF2.8~F4位で像性能が安定するような
極めて性能が高い最新設計のレンズだけになりそうです。

« ・センサのゴミの各社対応方法 | トップページ | ・K-3でライブビューでの天体ピント合わせ裏ワザ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/61538753

この記事へのトラックバック一覧です: ・キヤノン超高画素センサー:

« ・センサのゴミの各社対応方法 | トップページ | ・K-3でライブビューでの天体ピント合わせ裏ワザ »