2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ・白熱球でもフリッカーは発生している | トップページ | ・滝を撮影するときはなるべく三脚を使おう »

2015年10月 8日 (木)

・リアコン(テレコン)をつけるとイメージサークルが広がる

レンズと本体の間につけるリアコンバーターレンズをつけると、
焦点距離を1.4倍や2倍にのばすことができます。


以前のリアコンの記事で、仕組みを紹介しましたが、
その記事の図を見ると、イメージサークルが広がっていることが分かります。

3

リアコンをつけると焦点距離をのばすだけでなく
イメージサークルも広げることができます。
イメージサークルが広がると、より大きなセンサに対応することもできます。


APS-C用レンズをフルサイズ機で使用
マイクロフォーサーズレンズをAPS-Cで使用

図で説明すると以下の様な感じです。
3_2

リアコン無しではカバーできなかった撮像素子が
リアコンありではカバーできるようになっています。

ただし、これは本来の使い方ではないので
リアコンをつけてもケラれる場合があったり、
カメラが正常に動作しない場合もあるので自己責任でお願いします。

« ・白熱球でもフリッカーは発生している | トップページ | ・滝を撮影するときはなるべく三脚を使おう »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/61961629

この記事へのトラックバック一覧です: ・リアコン(テレコン)をつけるとイメージサークルが広がる:

« ・白熱球でもフリッカーは発生している | トップページ | ・滝を撮影するときはなるべく三脚を使おう »