2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ・フローティング機構とは | トップページ | ・銀塩写真の保管方法 »

2015年10月24日 (土)

・ディストーションと絞りの関係

歪曲収差(ディストーション)
絞りの位置によって変わります。

正の光学系より絞りが物体側の時

Dist_1

正の光学系より絞りがセンサ側の時
Dist_2_2

ズームレンズではワイドとテレで
この関係が逆転することが多いため、
ワイドではタル型、
テレでは糸巻き型になることが多いです。

レトロフォーカスタイプの広角レンズだと、
負の強い光学系が物体側に来るので
タル型の歪曲が発生しやすいです。

しかし、あまりにも強いタル型の歪曲が発生する場合、
光学設計でどうにか補正しようと試みたりします。

その結果、 陣笠型の歪曲になる場合があります。
Dist_3

Dist_1_2

« ・フローティング機構とは | トップページ | ・銀塩写真の保管方法 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/62185456

この記事へのトラックバック一覧です: ・ディストーションと絞りの関係:

« ・フローティング機構とは | トップページ | ・銀塩写真の保管方法 »