2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ・花火で露光間ピントずらし | トップページ | ・リアコン(テレコン)をつけるとイメージサークルが広がる »

2015年10月 7日 (水)

・白熱球でもフリッカーは発生している

一般的に家庭用の電源は50Hzか60Hzの交流電源です。
そのため、光源に蛍光灯やLEDを用いると
点滅する現象(フリッカー)が発生します。

電球でフリッカーが発生しない理由は、
電球が電源に対して応答速度が遅いためです。
最近は減ってしまいましたが、電球の部屋の電気を消しても
すぐに真っ暗にはならずに、徐々に暗くなります。
真っ暗になるまで0.5秒くらいかかる感じがします。

そのため、電球は交流電源でも消灯すること無く
光り続けることができるのです。

蛍光灯とLEDのフリッカーの様子のグラフ
(注:実際はこんなに綺麗なsin波にはなりません)

6

電球の様子
7

完全に消灯することはなくても
明るさのゆらぎが微妙に生じます。

人間の目には認識できないし、
撮影する場合も普通は影響がありません。

しかし、電子シャッターの場合は影響があります。


撮像素子は多数のマイクロレンズと光電変換素子
構成されています。
マイクロレンズは開口が非常に小さいので
微細な光量の変化の影響を受けます。

Resize151169

白熱灯でフリッカーが起こっている様子。
画像処理でわかりやすくしている。

電子シャッターで人工光源下で撮影する際はフリッカーが大敵です。
電子先幕シャッターならば問題ありません。

« ・花火で露光間ピントずらし | トップページ | ・リアコン(テレコン)をつけるとイメージサークルが広がる »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/61947107

この記事へのトラックバック一覧です: ・白熱球でもフリッカーは発生している:

« ・花火で露光間ピントずらし | トップページ | ・リアコン(テレコン)をつけるとイメージサークルが広がる »