2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ・東京湾岸エリアの夜景撮影スポット紹介 | トップページ | ・星の写真をCGかの様にかっこ良く仕上げる方法 »

2015年11月19日 (木)

・シャッター速度と幕速の関係

カメラで言うシャッター速度とは
撮像素子に光が当たる時間のことを言います。
一眼レフではフォーカルプレーンシャッターという
シャッター幕2つでシャッター速度をコントロールしています。

Resize151890

アニメーションのように、
先幕が先に走り、その後を追いかけるように
後幕が走ります。
この幕が上から下まで動く速さはシャッター速度ではありません!
これは幕速といいます。

幕速はだいたい1/200秒とか1/250秒と言った速さです。
ストロボ同調速度とほぼ同等。
じゃあ、1/4000などの超高速シャッターは
どうやって実現しているのか。

最初に書いたように、シャッター速度とは
撮像素子に光が当たる時間のことです。

Resize151913

このようにスリット走行になります。
それぞれの画素に1/4000秒だけ光が当たるようになります。
ただし、スリット走行になると、
センサの上部と下部で光が当たる時刻が微妙にずれるので
高速な動体を撮影すると微妙にゆがみます。
(電子シャッターほどではない)

また、ごくごく微小に後幕のほうが幕速が遅く作られています。
これは1/8000秒のようなスリットがとても細くなるような場合に、
後幕のほうが速いと、先幕に追いついて
センサ上で露光しない部分が出てしまうためです。
そのため、センサ下部(画像で言うと上側)の方が僅かに露光量が多くなります。

« ・東京湾岸エリアの夜景撮影スポット紹介 | トップページ | ・星の写真をCGかの様にかっこ良く仕上げる方法 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/62586882

この記事へのトラックバック一覧です: ・シャッター速度と幕速の関係:

« ・東京湾岸エリアの夜景撮影スポット紹介 | トップページ | ・星の写真をCGかの様にかっこ良く仕上げる方法 »