2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ・ピンホールカメラとは | トップページ | ・ソフト系フィルタの違い比較 »

2015年11月26日 (木)

・カメラでの表記露光時間と実露光時間

写真をやる上で大事な規則、
光の量が2倍になれば1段。
光の量が4倍になれば2段。

カメラのシャッター速度もそれに従っています。

1秒の半分は0.5秒。
その半分は1/4秒。
一眼カメラでシャッター速度優先モードにすれば
カメラに表記されます。

Reseize151986

1/4 → 1/8 → 1/15 → 1/30 → 1/60 → 1/125

上で緑の文字で書いた部分、
厳密に半分になっていません。
本来ならば 1/15 ではなく 1/16 です。
これは昔からのカメラの習わしで
丸めこんだ表記なのです。
実際にカメラでの露光時間は1/16です。

長秒になると、この丸め誤差が大きくなります。
大抵のカメラで設定できる最大のシャッター速度は
30秒です。
ただし、実際の露光時間は32秒です。
2秒、誤差があります。

意外と気が付かないでカメラを使っているかもしれません。

« ・ピンホールカメラとは | トップページ | ・ソフト系フィルタの違い比較 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/62694202

この記事へのトラックバック一覧です: ・カメラでの表記露光時間と実露光時間:

« ・ピンホールカメラとは | トップページ | ・ソフト系フィルタの違い比較 »