2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

・宙玉多重露出の合成方法比較

以前に宙玉で多重露出する記事を記載しました。
単に多重露出と言っても、合成方法が何通りもあります。
最近のカメラの多重露出に入っている合成方法はだいたい以下の3つです。

平均
それぞれの画像の平均を取ります。
露出は一枚の画像と変わりません。

加算
それぞれの画像を重ねていきます。
重ねるほど明るくなっていきます。

比較明
それぞれの画像の明るい方だけ合成に使用します。
露出は一枚と変わりません。

まずは、開放で撮った画像と
絞りを絞って撮った画像を合成してみました。

開放だとこんな感じ
Reseize152169

絞るとこんな感じ
Reseize152168

平均
Reseize152164

加算
Reseize152162

比較明
Reseize152163

このイルミネーションは黒い部分も結構含まれるので、
平均だと黒い部分も合成されて暗くなってしまいました。
撮影時に露出を上げるようにすればもっと見栄えがしそうです。
比較明だと宙玉の輪郭があまりはっきりしません。

次に、宙玉にピントを合わせた写真と、
背景のイルミネーションにピントを合わせた写真で多重露出しました。

背景にピントをあわせるとこんな感じ
Reseize152167

平均
Reseize152161

加算
Reseize152165

比較明
Reseize152166

この撮影方法だと宙玉の輪郭は消え失せます。
比較明が一番色が濃く出る印象です。

その他にも、開放で背景にピント合わせたり、
絞って宙玉にピントを合わせたのを多重露出するなど、
組み合わせはいろいろあるのでためしてみると面白いです。

2015年12月28日 (月)

・ペンタックスフルサイズに向けてのレンズ

ペンタックスの待望の
フルサイズ一眼レフの発売が近づいてきました。
当初の2015年中というのから少し延期して2016春となっています。

少し貯金の猶予期間ができたので
私はフルサイズで使えるレンズを先行して購入を始めています。

購入しているフルサイズ対応レンズ
・FA 50mmF1.4

標準単焦点。
最近の設計の他社レンズに比べると
描写は劣りますが、その分レンズの大きさが小さい。

・FA Limited 31mm

神レンズとかあがめられているレンズ。
このレンズを使いたい為だけにフルサイズを買う人もいるとか。

・DFA 100macro

APS-Cでもとても使いやすいレンズなので
持っている人も多い。
フルサイズを買わなくてもこのレンズは持っていて損が無い。

・DA★300mm

ティザーサイトでFFサイズ撮影されているので
使用できそうです。

・SIGMA 70-200mmF2.8

純正が発売延期になっているので。
ディスコンなので中古で手に入れる必要があります。
解像力は今どきのシグマっぽくパリッとしています。

・SIGMA 15mm Fisheye

フルサイズのイメージサークルを持った
対角魚眼です。
レンズが小さいので持ち歩きによい。

・SAMYANG 14mmF2.8

フルサイズの超広角レンズ。
値段が安いわりによく写る。

・SIGMA 70mm Macro
シグマの有名なカミソリマクロ。
解像度が異常に高い。
フルサイズのイメージサークルをカバーするレンズです。
残念ながらディスコンっぽい。

これらのレンズがあれば、
超広角から望遠までカバーできるので
追加で購入する必要はそれほどなさそうです。

2015年12月26日 (土)

・上原ゼンジさん写真展

ソニービル銀座で行われてる
上原ゼンジさんの写真展を見てきました。
上原ゼンジさんは宙玉を考案した方です。

【送料無料】 アドプラス ZENJIX soratama 72

【送料無料】 アドプラス ZENJIX soratama 72
価格:5,990円(税込、送料込)

会場においてある宙玉を
宙玉を装着したカメラで撮影してみました。
Reseize152154

宙玉in宙玉。
中に写った像は、正像になります。

その他にも、会場に展示されている作品を
宙玉で撮影すると、全く別の面白い写真に生まれ変わります。

チューリップ星を宙玉で撮影
Reseize152159

万華鏡の中を空玉で撮影
Reseize152158

万華鏡写真を宙玉で撮影
Reseize152157

2016/1/14まで開催しています。

2015年12月25日 (金)

・液晶保護フィルム・保護ガラスの9Hとは

スマホの液晶保護ガラスとかで
硬度9H!
というのが最近よく販売されています。

この9Hとはなんなのか。
鉛筆の9Hで擦っても傷が付かないということです。
塗装とか表面の硬さのの基準として
鉛筆試験といったものがあり
鉛筆の硬さ HBだとか2Hだとかで
どこまで耐えられるかというものです。
ハードコートがされているCDはだいたい4Hで
その辺に置いておいても傷が殆ど付きません。

ハードコートがされていないCDだと3Hくらいです。
すぐに傷だらけになります。

ちなみに、私はスマホを落とした時、
保護ガラスは割れなかったのですが、肝心の本体液晶が割れました。
あまりにも硬いのもどうかと感じています。
衝撃吸収タイプのほうがよいかもしれない。

2015年12月24日 (木)

フォトマスター検定 一級合格

11月に受験したフォトマスター検定の一級に合格しました。
Reseize152153

合格のカードがショボイ。
まさかの紙です。
ニトリのポイントカードよりもショボイ。



一級は級別では一番上ですが、
このブログを読み込んでいて、
普段も写真撮影をしていれば十分合格できる程度の問題です。

2015年の1級問題解説の記事

広く浅くなので、まんべんなく知識を有している必要があります。

一級の上は、小論文提出と写真提出と活動実績で評価される
エキスパートがあります。

2015年12月23日 (水)

・DA16-85mmが良い

標準ズームレンズのDA16-85mmを購入しました。

ペンタックスの純正標準ズームには
他にも以下の種類があります。

・DA18-55mm
・DA18-135mm
・DA★16-50mmF2.8

上記三本を過去に使ったことがありますが
すべて手放しました。
DA18-55は標準キットレンズに付いてくるレンズです。
描写はそれなり。
DA18-135mmは防滴で、一本で色々なシーンに対応できる
便利なレンズですが、映りに満足しませんでした。
歪曲が大きい。
DA★16-50は防塵防滴かつF2.8通しなので有能レンズですが
個体の当たり外れが大きい。

最終的には、防滴がついていて、
広角側が16mmスタートという利点、
描写もペンタックスのレンズの中では解像重視で
山歩き用などに便利ということで購入!

シグマの17-70mmも解像という面では良いのですが、
やはり防滴と16mmスタートという利点が勝りました。

スカイツリーを撮ってみた
Reseize152152

中心付近、鉄骨がしっかり出ている
Imgp0735

周辺、片ボケもなし。
_imgp0735

2015年12月20日 (日)

お台場レインボー花火

12月の毎週土曜日、19時から10分間だけですが
お台場で花火が上がります。
あまり知られていないのか、そこまで混みません。

海岸近くで撮影
Reseize152149

Reseize152148

海岸だと、屋形船と海への映り込みを綺麗に入れることができます。
また、人のシルエットも入ります。

アクアシティお台場付近で撮影。
Reseize152145

Reseize152147

Reseize152146

自由の女神から花火が打ち上がっているように撮影ができます。
ただ、ここはかなり混むので早めに行く必要があります。
海辺で12月なので寒い。
待っている間は、インターバル撮影で星を軌跡にする撮影をしていました。
Reseize152151

飛行機がたくさん飛ぶし、風が強く、
三脚が揺れるので難易度が高い。

2015年12月18日 (金)

・ローパスレスのカメラは天体には厳しいか

最近のデジタル一眼カメラはローパスレスの機種ばかりになっています。

解像感を上げるというのが目的ですが、
当然弊害も発生します。
一番発生するのが周期パターンに発生するモアレ。

Imgp0280

天体撮影では周期パターンはないので、モアレは発生しませんが
偽色が発生します。
ローパスレスとローパスありでの比較記事

また、赤道儀で追尾する場合でも、
星が非常に小さい点光源だったりすると
変な色になる場合があります。

Reseize152116

特に色温度に緑の領域が無いように、
緑色に輝く恒星は(基本)ありません。
ソフトフィルターを使って、星をぼかすと
このような現象が抑えられます。
ただし、非常に暗い星は見えなくなってしまいます。

ソフトフィルターを使った例
Reseize152115

また、ペンタックスの一眼レフには
ローパスセレクターという機能が付いていて
擬似的にローパスの効果を作り出すことで
偽色を抑えることもできます。

上:ローパスレス
下:ローパスセレクター強
Lps
緑色になってしまっていた星が
ある程度正常な色になっていることが分かります。

2015年12月16日 (水)

・星景写真で星と地上の両方を止める

星景写真とは、星と風景が一緒に写っている写真です。
Reseize152112

上の写真のように、星は日周運動をしているため
長時間露光をすると星が線になります。
星を点として撮るには、赤道儀というアイテムが必要になります。

この赤道儀は星の動きに合わせて
カメラを動かす装置なので
星は止まって写せますが、
地上の風景はぶれたようになってしまいます。

山や街灯りがブレている。
Reseize152113

両方を止めて撮るには、
高感度で短時間で撮影しなければなりません。
ただし、高感度にするとノイズが増えます。

長秒撮影で、星も風景も止めて撮るにはどうしたらいいのか…
星が止まっている写真と
風景が止まっている写真の二枚を撮影すれば良いのです。
そして後で合成。

星を止めて撮る前に普通に撮影
Reseize152108
街明かりが星に比べて明らかに明るいので、
露光時間を短くしています。
ラッキーな事に積乱雲の中で雷が光りました。

赤道儀を用いて星を止めて撮影
Reseize152111

この二枚をPhotoshopで読み込みます。
それぞれレイヤーとして一枚の画像に重ねます。
地上部分をだけのマスクを作成
1

コレをもう一枚のほうにかさねて
2

以前に書いた、
星空をCGのようにする処理を入れて完成。
Reseize152110

2015年12月15日 (火)

有明ジャンクションを撮影

お台場からほど近くの有明ジャンクションを撮影してきました。
Reseize152106
湾岸道路の歩道は車道の橋と独立しているので
長秒撮影中に大きい車が走っても
揺れないので安心です。

Reseize152102

ここからジャンクションのカーブを撮るには
魚眼のような広角が必要かもしれない。
換算15mmでも入りきらない。
Reseize152105_2

近くののぞみ橋から撮影

Reseize152104
お台場の観覧車もいい感じに入ります。
水上のジャンクションなので
写り込みも良い感じ。
お台場ですが、この辺りは人が少ないので
じっくり撮影ができます。


2015年12月13日 (日)

イルミネーションの撮り方まとめ

今まで書いた記事でイルミネーション関係をまとめておきます。

基本

・三脚の立て方とマナー

・イルミネーションの撮影(前ボケの利用)

・イルミネーションはHDRがオススメ

小道具

・イルミネーションでおすすめのフィルター

・ソフトフィルターでイルミネーション撮影

・ソフト系フィルタの違い比較

・前ボケを無理やり作る

・アクリル球

・ハートボケ

・ハートボケ+α

・不思議な玉ボケ写真

気をつける点

・LEDのイルミネーション撮影時の注意

・青色LEDはデジカメにとって難しい光源

Reseize152049
今年のカレッタ汐留は青すぎて、綺麗に撮るのが難しいです。

2015年12月11日 (金)

・一眼レフは電源を入れなくても構図が分かる

スマホやミラーレス一眼は電源を入れなければ
うつる画像を確認することができません。
当然のように感じますが、
一眼レフだと電源を入れなくても
レンズを通ってきた光がファインダーを通過するので
電源オフでもうつる画像を確認できます。

下の図はレンズを通過した光がどのようになるのかを
簡単に表したものです。

Ref_4

レンズを通過すると、上下左右が逆になった像が写ります。
撮像素子にはこの像が記録されます。
つまり、センサーの上側で被写体の下側が記録されることになります。
撮像素子に写った像をデータにする際に上下左右を逆転させることで
正像になります。

ファインダーでのぞく場合、
レンズを通った光線は、メインミラーで反射し、
ピント板に像を結びます。

Ref_1

ピント板(スクリーン)には左右が逆転した像が
結像されます。

上から見た図。
Ref_5

一眼レフではこのピント板に結像した像を
ファインダーからのぞくので電源を必要としません。

ピント板に結像した像は左右が逆なので
正位置にするためにペンタプリズムを用います。

Reseize152044

横から見た図
Ref_2_2

プリズム内で3回反射し、
正位置になって目に入ってきます。
上から見た図はこんな感じ。
Ref_3_2

ペンタプリズムで光の向きを変えつつ
左右を反転させています。

2015年12月 9日 (水)

・2015年、買ってよかったカメラ系アイテム

個人的に、買って満足だったアイテムを紹介します。

・マンフロットテーブル三脚

カバンに入れても全く苦にならない小ささ。
それでいて一眼レフもしっかり支えられる。
ちょっと夜景を撮りたいときなどに
あるのとないのでは全然違います。

テーブル三脚を用いて、
恵比寿ガーデンプレイスで撮影
Reseize152037

・ヴァンガード The Heralder 38

大きいのでたくさん入る。
フィルター類や、三脚、レンズ数本
ストロボなどいろいろ持ち歩くときに
取り出しやすくとても便利です。

・スパイダー ハンドストラップ

ハンドストラップでこの値段!?
と思いますがそれだけの価値があります。
すっと手を入れることができて、
がっちりホールドできます。
特に重いレンズをつけている場合、
構えるまでの片手でカメラを持つ時に
かなり楽になります。
また、手ぶれも減ります。

・CustomSLR マルチクイックリリース カメラプレート

前述のハンドストラップを使用すると
三脚穴が占有されてしまいます。
このプレートを用いると三脚穴が使えるばかりか、
マンフロットとアルカスイスのクイックシュー互換があるので
クイックシューとしてそのまま使用できます。

2015年12月 5日 (土)

・Samyang14mm F2.8にソフトフィルターを付ける

サムヤンの14mmは当たり個体を引くと
値段が安いうえに、解像力が非常に高く
コストパフォーマンスに優れたレンズです。
特に星撮りの人には評判が高いです。

しかし、星撮り用として欠点がひとつ。
前玉が出っ張っているため、
フィルター枠が無くて各種フィルターがつけられません。
保護フィルターはもちろんのこと、
星撮りでよく使用されるソフトフィルターも付けられません。

このようなレンズの場合、
後玉の部分にゼラチンフィルターを入れるスロットが付いていて
それで対応するのですが、
このレンズは後玉も出っ張っているために
ゼラチンフィルタースロットもありません。

SIGMAの15mmフィッシュアイはついている。
Reseize152030

サムヤン14mm
Reseize152026

ソフトフィルターを付ける為には
ゼラチンフィルターにゲタをはかせて
付ける必要があります。

購入したフィルター
LEE ソフトフィルター No1

Reseize152024

こんなような、リングを購入してみました。
Reseize152023
反射防止のための植毛紙を貼って、
その上に切り抜いたフィルターを付ける。
Reseize152027

いざ撮影!

Reseize152029

一眼レフなので
ミラーと干渉してケラれました。
ゲタが高すぎた…。
※カメラの故障の原因となるので真似しないでください

厚さ2mmの発泡ボードを買ってきました。

コレをサークルカッターで切り抜きます。
外側の円を直径34mm、内側を29mmとしました。
切り抜いたソフトフィルターをつけて、
レンズの後玉に装着。
Reseize152022

ソフトフィルターをつけた写真しか撮れなくなりますが
天体専用レンズと割り切れば問題ない。
ミラーに干渉せずに撮影出来ました。
都内での撮影でも、すばるやアンドロメダが写っています。

Reseize152028

オリオン座のベテルギウス付近を拡大。
Reseize152032

明るい星の周りにぼんやりとハロがついてソフト効果が出ているのが分かります。
ただ、全体画像の四隅が微妙な色になっています。
もしかしたら下駄の内径が小さすぎたかもしれません。
後日、再作成します。

2015年12月 3日 (木)

・被写界深度を計算する

被写界深度について、以前に記載しました。
ピントが合って見える範囲の事です。
これを理解すると、背景をうまくぼかすことができます。

被写界深度の計算式は以下です

7

参考としたサイト
http://www.asahi-net.or.jp/~YD8S-HMD/others/camera1.htm

前方被写界深度は、
前ボケになるまでの距離です。
後方被写界深度は
後ボケになるまでの距離です。

式を見ると分かる通り、
前方被写界深度の方が浅いです。
もし、うつる全ての範囲を被写界深度内に入れるなら
前方被写界深度の方が浅いので、
気持ち手前側にピントのピークを持ってきた方が良い。

上式で問題となるのが許容錯乱円径です。
許容錯乱円と画素ピッチの関係の記事
許容錯乱円が画素ピッチより小さければ
ピントがあったと言えると書きました。

しかし、実際に写真を見る場合は
等倍拡大なんかしないのが普通なので
一般的な許容錯乱円はもっと大きくなります。

これは写真をプリントした時の見た目、
最適なテレビ鑑賞距離、等で決めることができます。
この最適な距離は視力1.0の人を基準に決められているようです。

テレビの最適鑑賞距離はテレビの縦の長さの3倍の距離です。
テレビの縦が50cmならば150cm離れた所から見るのが良いです。
この距離で画像を見たときにボケた部分が分からなければ
被写界深度内と言えます。

視力1.0とは
ランドルト環(視力検査のCのマーク)の1.454mmの隙間を
5mの距離から見ることができることです。
これを角度で表すと1/60°となります。
ただ、一般的に許されるのは2/60~3/60°と言われています。
つまり視力1.0の人の目の解像度限界の2~3倍まで許されます。

40inchの4Kテレビモニタを視力1.0の人が見たときに、
モニタのドットが分かる距離が計算できます。
40inchのテレビは縦が50cmです。
4Kモニタは縦に2160ピクセルあるので
一画素の大きさは0.23148mmです。

5000:1.454 = x:0.23148
x = 79.57

大体8cmまで近づけば
40インチの4Kモニタの画素が判別できます。
でも実際はそんな見かたしないので、
解像限界の2~3倍を許容するとします。
3倍を許容するとすると
上記 xは 約240mmとなる。

ところで、最適鑑賞距離は40inchのテレビの場合150cmの距離なので、
下の図のような画素ピッチAの撮像素子で撮影された4K映像を
40inch 4Kモニタで見る場合に許容される画素ピッチは…

Photo

150:24 = x:A
x = 150*A / 24

このxが許容錯乱円径と言えます。

いろいろ難しい事を書きましたが、
どうやら、撮像素子の対角を1000~1500で割ったものが
許容錯乱円として使われているそうです。
上の計算でもそれほど大きな差にはなっていないとは思いますが。
厳密に被写界深度を求めようとすると難しいです。

2015年12月 2日 (水)

北海道に行っていました

急遽、北海道に行っていました。
観光ではないので写真は殆ど撮っていません。

観光をしない場合、外に出ることが殆ど無いので
マフラーや耳あてなど余分な荷物になった…。
むしろ室内は暑い。

内陸部は天候が変わりやすく、晴れていたと思ったら雪が降ったり。
Reseize152016
日の出も遅い。7:20ごろ。
Reseize152020

帰りは羽田にトワイライトタイムに到着する便を選択。
せっかく羽田に行くのだから目をつけていたポイントから撮影。

Reseize152017
ジャンクションが好きです。
Reseize152015

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »