2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・上原ゼンジさん写真展 | トップページ | ・宙玉多重露出の合成方法比較 »

2015年12月28日 (月)

・ペンタックスフルサイズに向けてのレンズ

ペンタックスの待望の
フルサイズ一眼レフの発売が近づいてきました。
当初の2015年中というのから少し延期して2016春となっています。

少し貯金の猶予期間ができたので
私はフルサイズで使えるレンズを先行して購入を始めています。

購入しているフルサイズ対応レンズ
・FA 50mmF1.4

標準単焦点。
最近の設計の他社レンズに比べると
描写は劣りますが、その分レンズの大きさが小さい。

・FA Limited 31mm

神レンズとかあがめられているレンズ。
このレンズを使いたい為だけにフルサイズを買う人もいるとか。

・DFA 100macro

APS-Cでもとても使いやすいレンズなので
持っている人も多い。
フルサイズを買わなくてもこのレンズは持っていて損が無い。

・DA★300mm

ティザーサイトでFFサイズ撮影されているので
使用できそうです。

・SIGMA 70-200mmF2.8

純正が発売延期になっているので。
ディスコンなので中古で手に入れる必要があります。
解像力は今どきのシグマっぽくパリッとしています。

・SIGMA 15mm Fisheye

フルサイズのイメージサークルを持った
対角魚眼です。
レンズが小さいので持ち歩きによい。

・SAMYANG 14mmF2.8

フルサイズの超広角レンズ。
値段が安いわりによく写る。

・SIGMA 70mm Macro
シグマの有名なカミソリマクロ。
解像度が異常に高い。
フルサイズのイメージサークルをカバーするレンズです。
残念ながらディスコンっぽい。

これらのレンズがあれば、
超広角から望遠までカバーできるので
追加で購入する必要はそれほどなさそうです。

« ・上原ゼンジさん写真展 | トップページ | ・宙玉多重露出の合成方法比較 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/63196584

この記事へのトラックバック一覧です: ・ペンタックスフルサイズに向けてのレンズ:

« ・上原ゼンジさん写真展 | トップページ | ・宙玉多重露出の合成方法比較 »