2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ・光学ガラスとは | トップページ | ・ダイナミックレンジとセンササイズ2 »

2016年1月24日 (日)

・ダイナミックレンジとセンササイズ

撮像素子の大きさとダイナミックレンジ
どの程度相関があるのか確認してみました。

以前にiPhoneのカメラを確認した記事

3種類のカメラを使っています。

iPhone6  1/2.3inch? 画素ピッチ1.5μm  ソニー製
Reseize152325

MX-1     1/1.7inch  画素ピッチ1.9μm  ソニー製
Reseize152326

K-5      APS-C        画素ピッチ4.81μm ソニー製
Reseize152324

これらの画像は撮影時に露出を全て揃えています。
iPhone6  F2.2  SS1/2  ISO 50
MX-1     F4.0  SS0.8  ISO100
K-5      F4.0  SS0.8  ISO100

ハイライト側を確認してみます。

iPhone6
Reseize152327

MX-1
Reseize152328

K-5
Reseize152329

iPhoneが明らかに白飛びしています。
センササイズが少し大きいMX-1と差が歴然。
MX-1とK-5では大きな差がありません。
画素ピッチ的にもiPhoneとそこまで差はないのですが
スマホとデジカメの絵作りの差によるものなのか。

次にシャドー側を確認してみます。
2EV分、画像処理で暗部を持ち上げてわかりやすくしています。

iPhone6
Reseize152330

MX-1
Reseize152331

K-5
Reseize152332

K-5が圧倒的にディティールが残っています。
ここは流石にセンササイズと画素ピッチの余裕さが
感じられる部分です。
画素数が多い、画素ピッチが広いほうが
画像処理をした時に破綻が少ないといえます。

白飛び度合いは、センササイズよりも絵作りが支配的。
シャドーの潰れ具合はセンササイズ(画素ピッチ)が支配的
と言った感じです。

画像処理が入っていないRAWデータで比較すれば
白飛びの方は本当に画像処理なのかわかります。
iPhoneは残念ながらRAWが取れないので
MX-1とK-5で同じRAW現像をして比較。

MX-1
Mx1
K-5
K5

MX-1のほうが若干白飛び領域が広いですが
ほぼ同じといえます。

« ・光学ガラスとは | トップページ | ・ダイナミックレンジとセンササイズ2 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/63609988

この記事へのトラックバック一覧です: ・ダイナミックレンジとセンササイズ:

« ・光学ガラスとは | トップページ | ・ダイナミックレンジとセンササイズ2 »