2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ・宙玉花火で比較明合成 | トップページ | ・宙玉使用時は手ぶれ補正機能をオフにする »

2016年2月13日 (土)

・CIE色度図と人間の眼の特性

CIE(国際照明委員会)という機関が定めた
色のマップは非常にいろいろなところで使われています。
しかし、実際の人間の眼の特性とはかけ離れています。

下の図はCIEのx-y色度図です。
Ciexy

色度図上で同じ距離だけ離れている色は
人間の眼にもその分違って見えるはずですが、
そうなっていません。

図の中の楕円内は、
人間の眼には色の差が識別できないといわれています。
(実際の10倍の大きさで楕円を書いています)

図の中で、青紫系の色は
ちょっとでも違うとすぐに分かりますが、
緑系の色はかなり離れていても同じ色と認識されてしまいます。
この楕円をマクアダムの楕円とよびます。

色度図としては、どの位置も半径が同じ円になるのが理想ですが
そういった理想的な色度図は現状ではありません。

« ・宙玉花火で比較明合成 | トップページ | ・宙玉使用時は手ぶれ補正機能をオフにする »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/63934112

この記事へのトラックバック一覧です: ・CIE色度図と人間の眼の特性:

« ・宙玉花火で比較明合成 | トップページ | ・宙玉使用時は手ぶれ補正機能をオフにする »