2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ・白(Wite)とはどんな色? その1 | トップページ | ・フルサイズで使えるDAレンズ その1 »

2016年4月27日 (水)

・白(Wite)とはどんな色? その2

前回は物体色の白についての説明でした。
今回は「光の色の白」です。

光の色は数値で表すことができます。
色温度色偏差です。

色温度がだいたい5500Kで色偏差がプラスマイナス0のとき、
その光は白い光といえます。
夏の日中(13時頃)の太陽の光が白い光です。

ただ、普通に生活をしていると、それ以外にも
たくさん白い光を見ることがあります。

蛍光灯や車のヘッドライト(メタルハライド)とか。
流石に電球は白に感じないと思いますが…。

いろいろな光のもとで、カラーチャートを撮ってみました。

駅構内
Resize_2

LEDの街灯
Resizeled

蛍光灯の街灯
Resize_3

公園の街灯1
Resize_4

公園の街灯2
Resize_5

オフィス
Resize_6

夕方の曇り空
Resize_7

パット見は白い光に見えますが、
実際には全然白くないです。
チャートの右下3つのパッチの色を数値で表して
グラフにするとこんな感じです。

Graf

グラフの中心にいれば「白」です。
公園の街灯はどちらもとても色が付いていることが分かります。
見た目は白いのに。
LEDの街灯は青っぽいです。
オフィスもかなり赤っぽい光で白じゃありません。
駅構内はオフィスに近いのですが、緑かかっています。
夕方の曇り空の下が一番白に近い。

このように「本当の白」という色は
数値でも白い光で、
反射率が波長によらず一定のものじゃなければいけません。

デジカメでは、被写体の反射率と光の色を区別できないので
眼では白く見えていても、変な色に撮影されることが多々あります。
コレを制御するのがホワイトバランスという仕組みです。

« ・白(Wite)とはどんな色? その1 | トップページ | ・フルサイズで使えるDAレンズ その1 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/65198223

この記事へのトラックバック一覧です: ・白(Wite)とはどんな色? その2:

« ・白(Wite)とはどんな色? その1 | トップページ | ・フルサイズで使えるDAレンズ その1 »