2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 熊本の地震におけるデジカメへの影響 | トップページ | K-1にシグマのレンズをつけると本体にキズ!? »

2016年5月11日 (水)

・ペンタックスのRRSは高感度でどの程度良くなっているか検証2

前回の検証ではチャート画像で
通常撮影ISO1600 vs RRSのISO6400で比較しました。

これはRRSは4枚撮影するのだから
2段は良くなっていてほしいよね、
という希望のもとの検証です。

タイムリーなことにデジカメinfo
RRSを使用するとダイナミックレンジが2EV拡大する
と記載されています。

ダイナミックレンジの拡大とは言っているものの、
実際は白飛びしにくくなるわけではなく、
暗部がノイズに埋もれなくなるという意味です。
参考記事:ダイナミックレンジとセンササイズ2

なので、高感度で2段分ノイズ特性が良いと言っているのと同義。

前回のチャートだと、実際の撮影に即していないので
夜景を撮ってきました。

Resize155200
定番、六本木ヒルズからの東京夜景。

左が通常撮影ISO1600、右がRRS_ISO6400
上が通常撮影ISO1600、下がRRS_ISO6400

21
東京タワーの明るい部分。
骨組みなどのディティールはやはり感度2段上がっても
RRSが有利です。

22
暗い部分がどれだけ残っているかですが、
正直あまり変わらない感じがします。
光源周りのグリーン系の偽色はRRSでは発生しない。

ただ、暗部の低彩度の色は通常撮影のほうが残っている感じ。
レベル補正をするとわかりやすい。
24
通常撮影のほうが木の緑が残っている。

23
本当に暗い部分はRRSは高周波なノイズが結構気になり、
黒も若干浮いています。
輝度値(Y値)でみると、1か2程度ですが、
キャリブレーションされたモニタで見ると
かなり浮いてしまっています。

個人的には高感度では、
同じ撮影時間をかけるなら
感度を下げて単写のほうが好き。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« 熊本の地震におけるデジカメへの影響 | トップページ | K-1にシグマのレンズをつけると本体にキズ!? »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/65435361

この記事へのトラックバック一覧です: ・ペンタックスのRRSは高感度でどの程度良くなっているか検証2:

« 熊本の地震におけるデジカメへの影響 | トップページ | K-1にシグマのレンズをつけると本体にキズ!? »