2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ・K-1の手ぶれ補正制御がこれまでと異なっている? | トップページ | 熊本の地震におけるデジカメへの影響 »

2016年5月 7日 (土)

・ペンタックスのRRSは高感度でどの程度良くなっているか検証

ペンタックスの一眼レフに搭載されている
ユニークな機能の一つに
リアルレゾリューションシステムがあります。
4回、画素を少しずらしながら撮影して
フォビオンのような超高精細な画像を生成します。

また、その結果として、ノイズも減るという
嬉しい効果も発生しています。
どの程度ノイズが減るのか。

4回露光するということは、
例えば30秒露光する夜景撮影などでは、
撮影時間が4倍の120秒もかかってしまいます。
これは結構長い。

それを考えると、ノイズ量(S/N)は二段分
良くなっていて欲しいと期待してしまいます。

検証してみました。
被写体は、デジカメにとって苦手なものばかりを並べた
自作チャートです。
レンズはペンタックス純正で最高の解像度とも言われる
DA limited 35mmです。
四隅がケラれていますが、関係ないので無視。

各感度ごとの元のサイズの画像はYahoo!Boxに公開しました。
興味のある方はご覧ください。

Resize155137

通常撮影、ISO1600 vs RRS ISO6400

Colornoise
フィギュアの青紫の髪の毛あたりを見ると
カラーノイズはRRSの勝ち。
低周波なカラーノイズが発生していません。
ただし、高周波なさらさらノイズが出ている面では
通常撮影の勝ち。

Ynoise
マクベスの青パッチに発生しているノイズは
通常撮影では低周波なボコボコが目立ちますが
RRSでは目立ちません。
RRSは高周波なノイズになっています。
好みにもよりますが、
引き分け。

Cbcr
グレー地に文字の被写体では
RRSでは色が滲んでしまって読めなくなっています。
通常撮影の勝ち。

Osatu
お札の細かいディティールはRRSの方が残っています。
RRSの勝ち。

Mohumohu
モフモフした被写体のディティールは
どちらも同程度失われています。
若干通常撮影のほうが質感は残っているかな。
通常撮影の勝ち。

Denjyuku
非常に細かいチェッカー模様。
改造については同程度。
ただし、通常撮影のほうが色が残っている。
通常撮影の勝ち。

Moare
印刷物にはこの感度でも
通常撮影ではモアレが発生しています。
ここはRRSの勝ち。

こうしてみると、
被写体によってはどちらかが有利だったりして
一概にどちらが勝ちとは言えない感じです。
実際のシーンで、グレーの雲にカラーノイズが出るのが嫌だ
とかで決めるのが良さそうです。

というか、実際のシーンで高感度RRSって
あんまり使わないような。
夜景など長秒になってしまい、
被写体が動いてしまうシーンなどかな。
感度を2段くらい上げてシャッター速度を稼いでも
ディティール的にはRRSが有利ですよ、
という考え方のほうがいいかも。

その2

にほんブロ

グ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・K-1の手ぶれ補正制御がこれまでと異なっている? | トップページ | 熊本の地震におけるデジカメへの影響 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/65357039

この記事へのトラックバック一覧です: ・ペンタックスのRRSは高感度でどの程度良くなっているか検証:

« ・K-1の手ぶれ補正制御がこれまでと異なっている? | トップページ | 熊本の地震におけるデジカメへの影響 »