2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ・5軸手ブレ補正とは 1 | トップページ | ・テールランプ撮影と露光時間 »

2016年6月30日 (木)

・5軸手ブレ補正とは 2

前回

5軸手ぶれ補正の最後のブレはシフトブレです。
Shift
このシフトブレはパッと見は
いちばんよく発生しそうな気がしますが
このブレの影響を受けるシーンは限られます。

このブレが影響するシーンはマクロ撮影です。
マクロ撮影時は被写体距離が近いので、
シフトブレが支配的になります。

遠近が混在するシーンで、近いもののほうがブレやすい例
Resize156142

電車の中から外を撮影すると
遠くの山はブレないが、近くの木とかはブレる。

マクロ写真では、手前の物がぶれているが、
奥のものはほとんどぶれない。
Resize156143

この写真のように主要被写体をぶれないようにするのが
シフトブレ補正です。
X軸方向とY軸方向で2軸です。

主要被写体をブレなくするためには、
被写体までの距離情報が必要になります。
最近のレンズではAFなので被写体までの距離情報がわかりますが、
オールドレンズだと、距離情報が得られないので、
このシフトブレ補正はできません。

そのため、ペンタックスK-1の5軸手ブレ補正でも、
オールドレンズだと3軸になるのです。

また、主要被写体だけをブレなくするので、
逆に主要被写体ではない遠くなどはブレるようになります。

シフトブレ補正をした時のイメージ
(実際の撮影では再現できなかったので画像処理でイメージを作りました)
Resize156144

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・5軸手ブレ補正とは 1 | トップページ | ・テールランプ撮影と露光時間 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/66283104

この記事へのトラックバック一覧です: ・5軸手ブレ補正とは 2:

« ・5軸手ブレ補正とは 1 | トップページ | ・テールランプ撮影と露光時間 »