2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・RAWだとJPEGよりダイナミックレンジが広い? | トップページ | ・5軸手ブレ補正とは 1 »

2016年6月27日 (月)

・Kマウントのフルフレーム用超広角レンズ選び

ペンタックスK-1用の超広角レンズを
どうするか悩んでいます。

現状以下のような選択肢があります。

・純正 DFA15-30mmF2.8


純正なので各種補正やAFが使えるだけでなく、
像性能も良いレンズ。
ただし、値段が高い、大きく重い、
前玉にも後玉にもフィルターが付けられない
という欠点が。
せめてフィルターが付けられれば、迷わずこれを選ぶのですが…。
一応Nisiのフィルターホルダーをつければフィルターが付けられます。

・サムヤン 14mm F2.8


値段が安い割に、結像性能が非常に良い。
倍率色収差も非常に良く補正されている。
欠点としては、
前玉も後玉も出っ張っているので
フィルターが付けられない(工夫して付けた)
ディストーションがとても大きい。
マニュアルフォーカス。
はずれをひく可能性がある

・LAOWA 15mm F4.0


中華メーカのレンズ。
まだ口コミなどもほとんどないので
良いか悪いかは、賭けになる。
ただし、スペックとしては
超広角ながら、1倍マクロ、
さらにAPS-Cではシフトも可能というユニークな機能。
前玉にフィルター枠有り。

・LAOWA 12mm F2.8
作例ページ
未発売(2016/6現在)
12mmという超広角に加え、ゼロディストーションを
謳っています。
ただ、フィルターはつけられない模様。

・irix 15mm F2.4
Blackstone01
未発売(2016/6現在)
紹介ページ

超広角で脅威のF2.4。
レンズデザインはスイスですが、
製造は韓国っぽいです。
天体撮影用にいろいろ考慮されていて、
夜光塗料のレンズ指標や、MFのロック機構など。
PLフィルタをまわすための窓もフードについています。
前球にも跡球にもフィルターがつけられます。
ただ、フィルター径は95mmなので、
一般的に売られているフィルターはつけられなそうです。
大判用ハーフNDとか、高価なPLフィルタを買えば何とかなるかな。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・RAWだとJPEGよりダイナミックレンジが広い? | トップページ | ・5軸手ブレ補正とは 1 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/66234079

この記事へのトラックバック一覧です: ・Kマウントのフルフレーム用超広角レンズ選び:

« ・RAWだとJPEGよりダイナミックレンジが広い? | トップページ | ・5軸手ブレ補正とは 1 »