2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・蛍を撮影してきました。 | トップページ | ・LvとEvの違い »

2016年6月 9日 (木)

・ペンタックスからK-70が発表

エントリー機種のK-70が発表されました。
エントリーとは思えないほどの充実っぷり内容。
でも、ついにカラバリやめちゃったの!?


個人的に気になる新機能など

・マウント規格がKAF4
同時発表の電磁絞りレンズに対応。
ついにペンタックスも電磁絞りになったか。
そして、マウント表記が以前のような KAF3のように
下付き文字じゃなくなっている。
電磁絞りになったことで、サードパーティーが参入しやすくなる!?
K-1も電磁絞りに対応するみたいだし。

・十字ボタン周り
K-S2は十字ボタンの押しにくさに定評がありましたが、
今度のは盛ってあって押しやすそうになっています。
あまり盛ると指に食い込んでいたいと思うのですが、
そこは実機で確認か。

・14bitRAW
ついにエントリー機種で14bitになった。
12bitでも充分かもしれないけど、
星とか撮るときは、階調がすごい大事なのでここは重要。

・アクセラレーターユニット
何を加速するんだ?
ペンタックスは相変わらずのネーミングセンスだと思いますが
ノイズ処理をやるところみたいなので
サブの画像処理エンジンみたいなものか。

エクストラシャープネス
今まで上位機種にしかなかったエクストラシャープネスが
ついに下位機種にも搭載された。

・アウトドアモニター赤
先日ホタルを撮りに行った時に重要性を実感。
さすが中の人分かっている。
K-1にも搭載希望。

・像面位相差
今や他社では当たり前の機能だが
ついにペンタックスにも搭載された。
もともとペンタのコントラストAFは一眼レフの中では速いほうだけど、
キヤノンのデュアルピクセルセンサー搭載からは負けてたので。

・バルブタイマー
Mモードで30秒までしか設定できないのが非常にネックだったのが
長秒露光が外部レリーズリモコン無しで可能に!
中の人わかってる!
K-1にもファームアップ希望。

・デフォルトのユーザーモード
ASTRO PHOTOは開発者のオススメ天体用設定?
星撮影の画処理はかなり特殊だが、どこまで追い込めているのだろうか。

・レリーズ対応
これで花火撮影時にほかの人のリモコンを拾って
バルブが終了してしまうことがなくなる。
ただ、専用レリーズかあ。
汎用品は使えない…。

・ライブビューの拡大倍率
K-1と同じ16倍まで行くようになっている。
K-1のように暗い場所でもライブビュー時のISO感度が高ければ
星のピント合わせがかなり容易になりそう。
グリッドも白黒選べるようになっている。

・再生時にグリッド表示
K-1にも入っているけど、傾きチェックにすごい便利。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・蛍を撮影してきました。 | トップページ | ・LvとEvの違い »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/65934463

この記事へのトラックバック一覧です: ・ペンタックスからK-70が発表:

« ・蛍を撮影してきました。 | トップページ | ・LvとEvの違い »