2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ・あじさいをライトアップ | トップページ | ・ペンタックスからK-70が発表 »

2016年6月 8日 (水)

・蛍を撮影してきました。

初めて蛍の撮影に挑戦しました。

Resize156105
蛍撮影のコツや気づいた点など。
撮影場所は非常に暗い場所なので、
他の方の迷惑にならないように、極力光を発するものを
抑えます。

・スマホ
・カメラの液晶画面の輝度を最低に
・AF補助光はオフ
・ペンライトなどもってのほか

暗い場所にある程度いれば、目が慣れてくるので
その状態で足元を照らす程度の弱い光で
撮影場所まで行きます。

暗闇での撮影は、星撮影と共通する部分があります。
なので、星の撮影をしたことがある方ならば
暗闇で三脚を設置したりなどは簡単かとおもいます。
ピントあわせなどは星の撮影のときのように
ある 程度明るさがある目標被写体であわせます。
AF補助光や、ライトで照らすのは絶対だめ。
おそらくピントあわせが蛍撮影で一番難しい。

撮影モードはマニュアルかバルブ。
お勧めはマニュアルモードでインターバル撮影し、
後で比較明合成

F値はなるべく明るいほうがよいです。
また、ISO感度は大体800-3200位。
このあたりの決め方は、蛍の数や
周囲の明るさで決めるのがよいです。
うっすらと環境がわかる程度がちょうどいい気がします。

Resize156107
ここまで明るく撮影してしまうと、主役の蛍が
よくわかりません。
また、バルブであまりにも長秒撮影してしまうと
センサーの熱ノイズなどが目立ってしまうので注意。

Heat
赤や緑や青の点が熱ノイズ。
特に蛍がいる夏は気温が高いので熱ノイズが乗りやすい。

また、蛍撮影をして気づいたことですが
蛍が飛ぶ場所はある程度決まっています。
事前にその場所がわかっていればそこにカメラを向けて
構図を決めることができる。
今回は初めてで分からなかったので、
比較的広角で撮影した後にトリミングしました。

Resize156106
撮影には関係ないですが、蚊にも注意。
虫除けスプレーは蛍にも有害なので使わないようにして、
肌をなるべく出さないのがよい。

にほんブロ

グ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・あじさいをライトアップ | トップページ | ・ペンタックスからK-70が発表 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/65916377

この記事へのトラックバック一覧です: ・蛍を撮影してきました。:

« ・あじさいをライトアップ | トップページ | ・ペンタックスからK-70が発表 »