2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ・ぐるぐるボケの原理 | トップページ | ・9000番代の恐怖 »

2016年7月27日 (水)

・風景撮影でリアレゾとExシャープネスを組み合わせる

ペンタックスのリアルレゾリューションシステム(RRS)は
超高解像度を得られますが、動いている被写体では
特有のパターンが出てしまうという欠点があります。
(動体補正は一応ありますが)

以前の記事でRRSとエクストラシャープネスの比較を書きました。

Exシャープネスもかなりの解像感が得られますが、
パターン部分に偽解像(ラーメンノイズ)が生じたり、
平坦部分でノイズが目立ったりします。

そこで、この二つをうまいこと合成して
いいとこどりをしよう、などと考えました。

RRS撮影時にRAWで撮っておくとあとでカメラ内RAW現像で
RRS無しの画像も作ることができます。

RRS画像
Resize156245

Exシャープネス画像
Resize156246

Com
拡大したものを比較すると、
右のExシャープネスでは「ホンザキ」の看板の文字が読めなかったり、
その右下の点光源の周りに偽色による色づきが発生しています。
左のRRSの画像は水面に格子模様が発生している。

フォトショップでレイヤーで画像を重ねます
1

Exシャープネス画像にマスクを貼る。
(反転して真っ黒マスクにする)
2

マスクの色を真っ黒にしておいて、
RRSで講師パターンが生じてしまった場所だけ
Exシャープネスを使うようにします。
Mask

こうすると、自動動体補正よりより細かく調整が可能です。
(面倒くさいけど)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・ぐるぐるボケの原理 | トップページ | ・9000番代の恐怖 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/66700928

この記事へのトラックバック一覧です: ・風景撮影でリアレゾとExシャープネスを組み合わせる:

« ・ぐるぐるボケの原理 | トップページ | ・9000番代の恐怖 »