2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ・赤外線改造Qを更に改造 | トップページ | ・LAOWA 15mm Macroのレビュー »

2016年7月 9日 (土)

・ホワイトバランスとは

デジタルカメラのホワイトバランス(以下WB)とは
色を自動的に正しくする機能です。
WBは名前の通り、白いものを白く写すことを目的としています。
白いものを白く写すというと簡単そうに思えますが、
実際はかなり難しいです。

そもそも白いものが写っていないシーン、
光源の色が白くないシーン、
もたくさんあります。

WBの仕組みとしてはいろいろな考え方があります。

・明るい部分は白とみなす処理
Resize156184
上の画像は菖蒲の花びらを白として処理しています。

Resize156183
上の画像は菜の花の花びらを白としています。
本来は黄色いのに、白としてみなすので、
被写体によってはこのように失敗することがあります。

画像全体の平均を出すとグレーになるとみなす処理
Resize156182
すべての画素の平均値はグレーになるとみなす処理です。
上の写真では比較的うまく行っています。

Resize156181
この写真のように実際に色が付いているものが画像全体を占めている場合は
失敗します。

カメラ内での実際は光源を判別したり、被写体を認識したり、
顔から色を計算したりなど
各社苦労をして、どのようなシーンでも
変な色にならないように頑張っています。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・赤外線改造Qを更に改造 | トップページ | ・LAOWA 15mm Macroのレビュー »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/66420632

この記事へのトラックバック一覧です: ・ホワイトバランスとは:

« ・赤外線改造Qを更に改造 | トップページ | ・LAOWA 15mm Macroのレビュー »