2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ・9000番代の恐怖 | トップページ | ・花火大会でシフトレンズが良い。 »

2016年8月 5日 (金)

・レンコン絞りとは

絞りはレンズからカメラ内に入ってくる光の量を
調整する機構です。
また、これによって被写界深度も変えることができます。
これが一般的な絞りの役割です。

そのほかの役割として、絞りの形によって
ボケの形状や、光芒の形状に影響を与えます。
これをうまく使うことでハートボケなどの写真が撮れるようになります。

ソフトフォーカスレンズの中には、
絞りがレンコンの断面のようになっているものがあります。

このレンコン絞りを使用すると、
ボケの部分が単にふんわりするだけでなく、
光源の周りがにじんだような表現になります。
また、普通の絞りを使用すると、
絞るにつれて球面収差が軽減されてソフト効果が薄れますが、
レンコン絞りでは周辺部の光束も通すため
ソフト効果を残しつつ、光量の調節ができます。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一

眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・9000番代の恐怖 | トップページ | ・花火大会でシフトレンズが良い。 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/66854289

この記事へのトラックバック一覧です: ・レンコン絞りとは:

« ・9000番代の恐怖 | トップページ | ・花火大会でシフトレンズが良い。 »