2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ・LAOWA 15mm Macroのボケ味を確認 | トップページ | 四万温泉と安中の工場撮影 »

2016年10月29日 (土)

・PWM制御とは

LED照明が主流になり始めてしばらく経ちます。
最近では無段階調光が可能なLED照明装置も出てきています。
電球で明るさを変えるには、加える電圧を変化させるだけなので
仕組みが簡単でした。

9

しかし、LEDでは安全のために定電圧電源が
入っていることが多く電圧による調光は大変です。
そこで、よく使われるLED調光がPWM制御です。

PWM制御は発光時間間隔で調光する仕組みです。
ストロボの調光と似ている。

暗くなるにつれて発光しない時間が長くなります。
8

ここで気になるのが、この仕組みだと
周期性を持った発光のため、フリッカーが発生しうるということ。
点滅間隔が非常に短ければ無視できるが
100Hz程度だと、撮影時にフリッカーによる横縞が発生しうる。

EIZOの色評価用のLEDスタンドを使っていますが
暗くするとフリッカーが発生してしまいます。

Resize157850
SS:1/500s

上の写真は一眼レフのフォーカルプレーンシャッターですが
暗いところと明るいところの差が明確に出てしまっています。
かなり点滅間隔が長いものと思われる。
これではライトを明るさを暗くして、
高感度でのノイズ評価が正しく行えません。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・LAOWA 15mm Macroのボケ味を確認 | トップページ | 四万温泉と安中の工場撮影 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/68166630

この記事へのトラックバック一覧です: ・PWM制御とは:

« ・LAOWA 15mm Macroのボケ味を確認 | トップページ | 四万温泉と安中の工場撮影 »