2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・台風と紅葉の綺麗さ | トップページ | ・玉ぼけ評価スティックを作成 »

2016年11月29日 (火)

・撮像素子上でHDRを行う技術

かなり前の特許ですが、気になるのを見つけました。
特許公開番号2011-40926

現在カメラのダイナミックレンジを広げる技術として
HDRがあります。
これは露出の異なる複数の画像を用いて
ダイナミックレンジを広げる技術です。

しかし、複数回撮影するので、
位置合わせと、動被写体に対応できない問題があります。
静止物なら問題ない。

1枚画像
Resize158035

3回撮影したHDR画像
Resize158037

特許で記載されている方法では
一回の撮影でHDRを実現してしまいます。

4
この図では撮像素子と溜まる電荷の量を
コップと水で表現しています。

コップめいっぱいに水が入っている=飽和です。
画像では白飛びしてしまいます。

センサーHDRでは下の図のようになります。
5
露光の途中で一回電荷を読み出してしまいます。
そうすると、まだ飽和していないので、白飛びを救えます。
読み出す際は画素に積層されたメモリに読み出すことで、
電荷をリセットせずに行うことも可能。

露光開始時間が等しい。
合成まで撮像素子上で行ってしまえば
出力されるデータはダイナミックレンジが広いものになっています。
読み出し速度も高速化されるので、ローリング歪が軽減します。
オリンパスのOM-D E-M1markIIでは読み出し速度が1/50sなので
電子シャッターでもスポーツ撮影に使えそう。


RX-100Ⅳですでに実装されているので、詳しく書いてありました

見落としていた…。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・台風と紅葉の綺麗さ | トップページ | ・玉ぼけ評価スティックを作成 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/68639197

この記事へのトラックバック一覧です: ・撮像素子上でHDRを行う技術:

« ・台風と紅葉の綺麗さ | トップページ | ・玉ぼけ評価スティックを作成 »