2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ・ソフトフィルターとクロスフィルターの組み合わせ | トップページ | ・クロスフィルター使用時の絞り »

2016年11月16日 (水)

・ハーフNDの効果を手作業で作る

ハーフNDを使用すると日の出や夕焼けの時に
印象的な写真が撮れます。

しかし、このハーフND、結構な値段がします。
たまにしか使わないのにおいそれと買えません。


そこで、お金のかからない、
お手軽にハーフNDの効果を得る撮影方法の紹介です。

普通に撮影
Resize157943

ハーフNDの効果を作った撮影
Resize157945

地上部分がしっかり出ています。
この撮影方法に必要なものは黒い紙だけ。(あと三脚)
Resize157941_2
今回はシグマのカタログの裏表紙を使いました。
黒い紙なら何でもいいです。

まずカメラの設定として、マニュアルモードにします。
シャッター速度がある程度長くなるように、
適当に絞りとISOを決めて、
地上部分が適正露出になるようにします。
Resize157944
空は白とびしたりします。

撮影をタイマー2秒とかにする。
レンズの上半分を紙で隠すようにして、空の部分を遮光します。
Resize157948

遮光できれば紙でもフィルムでもなんでも良い。

この状態でシャッターを切り、
露光中に紙を抜き取ります。
仮に、4秒露光なら2秒間紙で覆えば
ハーフND2の効果が得られます。
3秒間紙で覆えば、ND4の効果が得られます。

紙を抜くタイミングが速かったり遅かったりすると失敗する。
Resize157946

タイミングが難しいですが、
これだけでハーフNDの効果が得られるので
試しにやってみるにはお勧めです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・ソフトフィルターとクロスフィルターの組み合わせ | トップページ | ・クロスフィルター使用時の絞り »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/68457859

この記事へのトラックバック一覧です: ・ハーフNDの効果を手作業で作る:

« ・ソフトフィルターとクロスフィルターの組み合わせ | トップページ | ・クロスフィルター使用時の絞り »