2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ・撮像素子上でHDRを行う技術 | トップページ | ・2016年気になるカメラまとめ »

2016年11月30日 (水)

・玉ぼけ評価スティックを作成

以前にぼけ評価チャートを作成しましたが
続いて、玉ボケの評価棒を作成しました。

Resize158039

点灯させた所
Resize158038

材料はとても安く、
LEDジュエリーライト(500円くらい)


100均の突っ張り棒、
黒テープ


です。
白色のLEDのものを購入したのですが、
思った以上に色温度が高く、カメラで見ると「青」です。
電球色を買うことをおすすめします。

PENTAXのFA limited 31mmでボケ形状を確認してみます。

F1.8
Resize158044

F2.8
Resize158045

F4.0
Resize158046

F5.6
Resize158047

玉ボケの形状が変わっていくことが分かる。
開放では右上の玉ボケがきれいなラグビーボール状にならず
クラゲみたいな形になってしまっています。
おそらく非点収差か、コマ収差の影響。

フリンジの評価にも使えそうです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・撮像素子上でHDRを行う技術 | トップページ | ・2016年気になるカメラまとめ »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/68653015

この記事へのトラックバック一覧です: ・玉ぼけ評価スティックを作成:

« ・撮像素子上でHDRを行う技術 | トップページ | ・2016年気になるカメラまとめ »