2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・玉ぼけ評価スティックを作成 | トップページ | ・黒テープがとても便利 »

2016年12月 4日 (日)

・2016年気になるカメラまとめ

今年も12月になり、残り僅かになりました。
今年も各社からいろいろとおもしろいカメラが発表されましたが
その中で特に気になったものをまとめておきます。

全体的には、高価格路線にシフトしてきている印象。
どのメーカもレンズ交換式は20万超えは当たり前、
コンデジでも初値10万とか。
世界の貧富の差がここ数年、急速に高まっている結果が
カメラ市場にも現れている。

また、アクションカム、ドローンなどが各社から発売され
4Kを見据えた動画にシフトしている印象も受ける。
800万画素で常に秒間30枚、60枚連写しているようなものだし
時代の流れは動画切り出しかな。

スマートフォンも二眼など独自路線に来ていて侮れなくなってきている。


=======================
・富士フイルム
GFX(公式サイト)
ハッセルからも中判ミラーレスが発売されましたが、
個人的には富士のほうが気になります。
富士フイルムはフィルムメーカーだけあり、
色にかなりこだわりがあるのもひとつ。
X-T1などのハイライトからシャドーへのグラデーションはさすが。
また、Xマウントシリーズを発表してから4年程度で
サードパーティ含めて51本ものレンズがリリースされる
開発スピード。
などなど。

・オリンパス OM-D E-M1 markII

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリンパス OM-D E-M1 MarkII ボディ 《2016年12月下旬発売》
価格:211890円(税込、送料無料) (2016/12/4時点)


マイクロフォーサーズでミラーレスだとしても、
ハイエンドを作るとこれだけ高くなるのか、と感じます。
同等のスペックをキヤノンニコンに求めると数倍はしますが…。
同じマイクロフォーサーズ規格のパナソニックは
動画よりのカメラを開発しているのに対し、
オリンパスはやはり写真機としてのものづくりの姿勢。
AF追従の秒18コマ連写は驚異的。
手ぶれ補正も他社などでもし同じ6.5段表記だとしても、
オリンパスが一番効きます。
(実際の手ぶれ補正のききぐあいと、測定値は異なる)
キットレンズの望遠端でも手持ち1秒露光でもブレない!

・SIGMA sd Quattro


変態とはこの事。
CP+会場で真っ先にタッチアンドトライに並んだ機種です。
ミラーレス≠小さいを公言している通り、
大きさはかなり大きい。
無駄に思えそうな空間がたくさんあります。
無駄と思えても放熱とかの関係で必要なのかもしれない。
相変わらず、電池の持ちや高感度など課題はたくさんありますが
フォビオンセンサーでなければ撮れない写真があります。

・PENTAX K-1

ペンタユーザが長年夢見てきたフルフレームデジタル一眼レフ。
私がメインで使っている機種です。
暗いところでボタンを照らしたり、フレキシブルチルトモニタ等など
マニアックな部分で役に立つ機能がたくさんあります。
個人的には暗いところで使うのであれば
ボディライトを赤にしたり、アイピースシャッターを導入したり
微妙に足りていない部分をmarkIIで改善してほしい。
ファインダー倍率ももっと大きく!
あとレンズが少ない!

・Nikon D5

世間(一部)を驚かせた脅威のISO 300万。
それ以外にも広範囲高密度99点クロス、-4EV対応、F8光束対応AFセンサ。
RAWで秒12コマ200枚バッファ。
いままで黄色くてゴメンナサイと認めてしまった。
ワイヤレスによるテザー撮影のしやすさなど。

・Canon 5Dmark4

発表時にまずびっくりしたのが価格。
フルサイズ中級機で40万超え…。
mark2が30万mark3が36万と、どんどん高くなっている…。
正常進化ではあるが飛躍するようなものが見当たらない。
動体撮影で7D系を使っていた人が
フルサイズに乗り換えるには敷居が高すぎます。

・カシオ Outdoor Recorder EX-FR110H

突如先日発表されたカメラ。
なんと190万画素。
1900万画素ではなく。
画素ピッチを広くして、高感度特化したカメラ。
とはいえ、センササイズが1/2.8inchなので
画素ピッチは3μm程度。
これは初期のNikon1よりも小さい。
APS-Cで2400万画素のカメラで3.92μmほどです。
暗闇に劇的に強いとは言い難いですが、
このカメラはアクションカムであるということが大きい。
20mm相当の超広角でアクションカム的に動画を撮るカメラで
一眼レフ相当の高感度耐性を持っているのは唯一です。


・ライカ X-U Typ 113

ライカの防水カメラ。
APS-Cセンサで防水は初めてでは?
これがライカじゃなかったらなぁ。
値段が…。

・インタニヤ Entapano(インタパノ)2

なにそれ?どこ?
みたいに突如として現れた。
日本の写真撮影などのサービスを行う会社だったみたい。
そこで360°パノラマ撮影を行うために開発されたレンズを搭載したカメラ。
対角250度という超広角レンズであるにも関わらず、
ゴーストフレアがほぼ気にならず、周辺まで解像度が高く
非常に良いレンズという印象です。
実物を見たことがないので、それ以上はなんとも言えないですが…。

・フロンティアファクトリー 360fly

これもまた、超広角のアクションカム。
レンズ一つで360°近く写し込めてしまう。
レンズ面を天頂方向に向けて使用するというスタイルです。
自分自身や三脚は写り込まない。

・DJI Osmo Pro

DJIはコンシューマ向けドローンの最大手メーカーです。
最近は日本でもエンジニアを沢山募集している。
OSMOはお手軽なマイクロフォーサーズマウントの手持ちジンバル。
いろいろな種類のレンズが付けられるので、
映画のような映像が簡単に撮れます。
昔の映画撮影のようなレールやガイドが無くても
ブレを抑えられる。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・玉ぼけ評価スティックを作成 | トップページ | ・黒テープがとても便利 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/68709330

この記事へのトラックバック一覧です: ・2016年気になるカメラまとめ:

« ・玉ぼけ評価スティックを作成 | トップページ | ・黒テープがとても便利 »