2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ・中一光学「CREATOR 135mm F2.8 II」チェック | トップページ | ・お台場花火は花火撮影の練習に良い »

2016年12月15日 (木)

・カメラ関係の規格は日本で決めている

デジタルカメラには業界全体で測定方法など統一しようという
さまざまな規格があります。
電池がどれだけ持つか(撮影枚数)
手ぶれ補正の段数、
ISO感度の測定方法などなど。
これらの規格を決めているのが
CIPA:一般社団法人カメラ映像機器工業会という機関です(公式サイト)

ちょっと前までは、写真を撮るのに使うカメラは
世界で見ても日本メーカのものがほとんどでした。
(今はiPhoneが一位、ただしセンサーはソニー製)
そのため、日本の団体であるCIPAが規格や標準化を進めています。

2月に毎年行われている、カメライベントCP+も
CIPAが主体となって行っています。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・中一光学「CREATOR 135mm F2.8 II」チェック | トップページ | ・お台場花火は花火撮影の練習に良い »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/68850860

この記事へのトラックバック一覧です: ・カメラ関係の規格は日本で決めている:

« ・中一光学「CREATOR 135mm F2.8 II」チェック | トップページ | ・お台場花火は花火撮影の練習に良い »