2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ・D65とは | トップページ | ・PENTAX KPが発表 »

2017年1月25日 (水)

・Laowa 15mmのフードは効果があるのか

中国の新興レンズメーカ、Laowaの15mmを購入して
解像度などいろいろ見たりしています


スペックとしては、15mm超広角ながらの等倍マクロや
シフト機能などユニークですが、
解像度や、ディストーションなど
レンズの基本性能が低いのが気になります。

その基本性能の中でも気になるのがゴーストです。
Resize159167

画像右上の光源付近に赤いゴーストが発生している。
レンズフードを使用すればある程度ゴーストやフレアーを軽減できますが
どの程度変わるか確認しました。

フード有り
Resize159168

フードなし
Resize159169

左:フードなし 右:フードあり

01

02

03

ヌケが良くなるなどの改善がほとんどない。
フードの役割としては、ゴーストフレア低減のほかに
レンズを守るということもあります。
(とくにこのレンズは保護フィルタをつけるとゴーストが悪化する。)

ただ、超広角だけあり
フードをつけるとかさばる…。

Resize159170_2

Resize159171

マクロ撮影時のみ保護フィルターを使用するなど
いろいろ注意しなきゃいけなさそうです。

にほんブロ

グ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・D65とは | トップページ | ・PENTAX KPが発表 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/69373695

この記事へのトラックバック一覧です: ・Laowa 15mmのフードは効果があるのか:

« ・D65とは | トップページ | ・PENTAX KPが発表 »