2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ゲートブリッジと富士山 | トップページ | ・画角とは »

2017年1月 6日 (金)

・オプティカルブラックとは

デジカメの撮像素子であるCCDやCMOSには
OB(オプティカルブラック) 領域と呼ばれる部分があります。

1

撮像素子は通電しているので、少なからず電気が流れています。
撮像 素子は光が当たると光電変換を行うので、
この潜在する電流は意味のな いじゃまな電流です。
その電流の量を計る部分がオプティカルブラック です。
光学的に遮光してあり常に真っ暗な状態な部分です。
この 部分に流れる電流を引き算した時が
画像としては光が当たっていない「 黒」と言えます。
この引き算をOB減算とか言います。

OB減算なし
Resize159136

OB減算あり
Resize159137_2

OB減算なしだと、暗部が浮いていることが分かる。
このOB領域は撮像 素子上でL字型に配置されることが多い。
これは撮像素子の特性や周辺回 路の状況によって、
暗電流の量が撮像素子の上下や左右で異なる場合が あるためです。

2_2

また、OB領域の幅はなるべく多くとったほうが、
平均化されてより正 確な減算ができます。
ただし、幅を広くとりすぎると、
画像とし て使える有効領域が少なくなってしまいます。

にほんブロ

グ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ゲートブリッジと富士山 | トップページ | ・画角とは »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/69129128

この記事へのトラックバック一覧です: ・オプティカルブラックとは:

« ゲートブリッジと富士山 | トップページ | ・画角とは »