2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ・富士山と河口湖花火 | トップページ | ・D65とは »

2017年1月18日 (水)

・演色性が高くてもすべての色が再現できるわけではない

照明の能力を表す数値の一つに演色性というものがあります。

演色性は最大値が100で
100だと、太陽光下や白熱電球といった
黒体放射光源下と同じ色再現ができるといえます。

演色性の悪い照明下では、
たとえば緑色とグレーが区別できなかったりします。

太陽光下でのマクベス
S_2

演色性が著しく低い光源下でマクベスを撮影
S_7

この演色性の数値化は、指定されたカラーチャートで
太陽光に比べてどの程度色が再現できているか、
という方法で算出されます。
このカラーチャートは代表的な色はカバーしていますが
微妙な色まではカバーしきれていません。
赤ちゃんの肌色だとか。

なので、演色性の高さはあくまで
カラーチャートでの色再現のため、
それ以外の色は再現性が高いとは限りません。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・富士山と河口湖花火 | トップページ | ・D65とは »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/69293136

この記事へのトラックバック一覧です: ・演色性が高くてもすべての色が再現できるわけではない:

« ・富士山と河口湖花火 | トップページ | ・D65とは »