2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ・黒体放射とは | トップページ | ・演色性が高くてもすべての色が再現できるわけではない »

2017年1月15日 (日)

・富士山と河口湖花火

写真仲間のお誘いで、河口湖に花火を撮りに行きました。
気温がマイナス10℃近く、非常に寒い。
K-1はマイナス10℃耐寒ですが、
一時カメラの挙動が怪しくなりました。
バルブで露光終了が受け付けなかったり。

頑張って撮影した結果がこれ。
Resize159160

花火と背景の富士山の露光差がありすぎて
花火に露出を合わせると、富士山が真っ暗で見えない。
ただし、RAWで撮影しておくと、
ゲインをがっつりかけて、暗部を持ち上げることができます。
1
補助光効果の部分をプラスにすれば良い。

Resize159158_2
でも、前の花火の煙が写り込んでしまう。

これを回避するには、予め同じ構図で富士山を
撮影しておいて、あとで合成するのが良いです。

ギリギリ雲が切れて、頂上まで見えた時に撮影した画像
Resize159164

合成する花火の画像
Resize159162

加算(スクリーン)で合成
Resize159165

複数の花火を合成する方法で以前に
比較明合成を紹介しましたが、
富士山の場合、充分に暗いので
加算のほうが画像破綻が無いので良い。

Hikaku
湖に反射している部分が、
比較明合成(左)だと破綻している。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・黒体放射とは | トップページ | ・演色性が高くてもすべての色が再現できるわけではない »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/69257593

この記事へのトラックバック一覧です: ・富士山と河口湖花火:

« ・黒体放射とは | トップページ | ・演色性が高くてもすべての色が再現できるわけではない »