2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ・色域とデータとしての値の関係 | トップページ | ブルガリアに行っていました »

2017年2月10日 (金)

・Adobe CameraRAWで少し便利な機能

一般的なRAW現像ソフトである
AdobeCameraRAW(Photoshopに付属)
で知ってるとちょっと便利な機能を紹介します。

Untitled1
RAW現像画面で、右側のこのタブです。
良くわからない機能なので使っていない方も多いかと。
この機能は、シャドーやハイライトの部分に色を乗せる機能です。

たとえば下の写真
Resize159206

全体を青っぽくしてクールな印象に仕上げました。
ただ、机の脚や黒い椅子コーナーの陰っている部分も青くなっていて
冷たい印象になりすぎています。
その際に、この機能で若干の味付け程度に
黄色をシャドーに載せると、微調整ができます。
Resize159207
微妙な差だが、机とかが黄色っぽくなっています。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・色域とデータとしての値の関係 | トップページ | ブルガリアに行っていました »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/69557633

この記事へのトラックバック一覧です: ・Adobe CameraRAWで少し便利な機能:

« ・色域とデータとしての値の関係 | トップページ | ブルガリアに行っていました »