2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ・二宮で菜の花と富士山 | トップページ | ・色域とデータとしての値の関係 »

2017年2月 4日 (土)

・撮像素子でG画素が多い理由

デジカメのセンサーでは色情報を得るために
光の三原色であるRGBの画素があります。
この並びは下の図のようになっていて、緑の画素が多い。
53

人間の眼には、色情報よりも輝度情報の違いが
敏感にわかる
という特性があります。

RGB(赤緑青)をYUV(輝度と色差)に変更する式
Henkan_21
輝度であるYを作るためのRGBの成分は
Gの係数が0.587と一番大きい値になっていることが
わかります。
そのため、輝度に大きく関与するGの成分が
センサでも多く配置されています。

そもそも、なぜ緑が輝度に大きく関与するのか、
というのを知るためには、人間の眼の特性も
知る必要があります。

波長によって人の目がどの程度明るく感じるかを示したものが
以下のグラフです。
Hisikando

青・緑・赤
緑が一番明るく感じる。
8

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・二宮で菜の花と富士山 | トップページ | ・色域とデータとしての値の関係 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/69482431

この記事へのトラックバック一覧です: ・撮像素子でG画素が多い理由:

« ・二宮で菜の花と富士山 | トップページ | ・色域とデータとしての値の関係 »