2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

・工場夜景で煙をいい感じにする

工場夜景を撮影してきました。
Resize159666

工場夜景の魅力の一つが、煙突から出る煙。
撮影しに行った日は、風がかなり強く、
煙が流されている状況でした。
Resize159667

三脚を用いた工場夜景撮影時には、
なるべくISOを下げて、F値を上げて撮りたいところですが、
そうするとシャッター速度が伸びて、
煙突の煙が雲散霧消してしまいます。
Resize159669
30秒露光

そこで、煙がいい感じになるシャッター速度を探して
撮影
Resize159668
F7.1 ISO1000 1.6s

煙がいい感じの形になるまで、
インターバル撮影で何十枚もとっておくのがおすすめです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年2月26日 (日)

・KPの実用高感度は8000位

CP+に行った帰りに横浜をブラブラと散歩しました。
発売されたばかりのKPを携えたて。

夜景でISOを色々振ってみましたが、
手持ちで夜景を撮るには、個人的には
ISO 8000くらいが個人的にKPの限界かなと感じました。
K-1はISO6400。

下記、全てISO8000
ハイライト側のダイナミックレンジが弱い気がするので、
アンダーで撮影しています。

Resize159660

Resize159655

Resize159659

下のシーンは三脚を使用していますが、観覧車が止まって見えるように
シャッター速度を0.3sにしている。
また、解像を若干出すためにF7.1。
感度はISO 1250まで上がりましたが、まあまあ十分な描写をしているかなと。
Resize159658

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年2月24日 (金)

・KP vs K-1高感度

ペンタックスのフルサイズ、K-1と
多重AD変換を行っているであろう、
高感度番長のAPS-C機のKPで高感度比較をしてみました。

撮影はどちらも同条件。
高感度NRはオート、ハイライト補正、シャドー補正はOFF
カスタムイメージはデフォルトの鮮やかです。
KPの方が何故かアンダーになるので、
K-1にマニュアルで露出を合わせています。

ISO 6400
K-1
Resize159641
KP
Resize159647
左:K-1 右:KP
6400

ホワイトバランスもワンプッシュで合わせましたが、
KPは若干アンバーに。
階調チャートのグレーの部分を見ると、K-1の方が
ノイズが細かくて好ましく感じる。

ISO 12800
K-1
Resize159642
KP
Resize159648
左:K-1 右:KP
12800

K-1の方がノイズが少ない。

ISO 25600
K-1
Resize159643
KP
Resize159649
左:K-1 右:KP
25600

K-1の方がノイズが少ない。
真中付近の0123456789の色文字の色が
K-1の方が若干残っている。

ISO 51200
K-1
Resize159644
KP
Resize159650
左:K-1 右:KP
51200

KPは暗部が浮き気味。
ただし、カラーノイズはKPの方が少なめ。

ISO 102400
K-1
Resize159645
KP
Resize159651
左:K-1 右:KP
102400

拡大は別の場所を見てみます。
KPの方が、明らかに輝度ノイズが少ない。
多重AD変換は原理的に高感度になるほど
SNが良くなるので、結果と一致する。

ISO 204800
K-1
Resize159646
KP
Resize159652
左:K-1 右:KP
204800

K-1の最高感度。K-1は明らかに暗部が浮いているが、
KPは耐えている。
渡辺謙が認識できる。

ISO 80万
Resize159654

画像左側のほうがカラーノイズが多い。
撮像素子のこの辺りに熱源とかノイズ源があるのだろうか。
なんとか写ると言ったレベル。

今回の検証の結論:通常使用域(ISO 12800位まで)なら、
画素ピッチも大きいK-1が有利。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年2月23日 (木)

・K-70,KPのケーブルレリーズ

ペンタックスの新しい一眼レフ、KPやK-70は
ケーブルレリーズはイヤホンジャックのコネクタと共通になっています。


ところで、100円ショップには
スマホ用のレリーズが売っています。
スマホ用のレリーズはイヤホンジャックを利用します。

ということは…
100円のレリーズケーブルがK-70,KPにもつかえるのではないか??

試してみました。

Resize159644

結果は、
使えない!
レリーズ認識はするのですが、シャッターが切れない。
おしい!
Resize159645
液晶右下を見ると分かるが認識はする。

メニュー内に、イヤホンジャックの動作を選ぶ項目があります。
Resize159643

ここをオートからリモコンに変えても…
ダメでした。

おとなしく純正を買いなさいということか。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年2月21日 (火)

・赤と青はデジカメで解像度が低い

デジタルカメラのほとんどでは
色を再現するために、ベイヤーといわれる方式で
色情報を取得しています。
これは撮像素子の上に、ベイヤー配列と呼ばれる
光の三原色のRGBのカラーフィルタを配置しています。
11
このことより3600万画素のデジタルカメラでも、
緑の解像度は1800万画素、青と赤はそれぞれ900万画素しかありません。
ベイヤーだと解像度が下がることの記事

一般的な被写体であれば、
周辺画素を補間することで色を作りますが、
たとえば真っ赤な実とかだと、周辺に緑しかなかったりして画素が使えないため
900万画素相当の解像に落ちてしまいます。
Resize159639

赤と青の部分の境界
__imgp8036

普通のエッジ部分
__i__mgp8036

赤い部分と青い部分の境界はちょっともやもやしています。
特に赤い物や、青色LEDだけで照らされた場所などは
解像度が下がってしまいます。
この問題を解決するためには、foveonのような
三層式のセンサが必要だったり、3CMOSのような
3板方式などがあります。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年2月19日 (日)

・SanDiskのSDカードはあんまりおすすめできない

写真を記録するSDカードには安いものから高いものまであります。
pq1とかのは安かったり。
同じ性能なら安いものを選びがちですが、
ここはちゃんとしたものを選んだほうがいいです。

例えば、データ領域が何かの拍子で破損して、
旅行中に一部分の写真が消えたりすることもあります。
これは恐怖。

安いSDカードだと無駄に電流が流れるものもあったりします。

ではどこを選べばいいのか。
SDカードの規格を最初に決めた
・パナソニック
・東芝
・SanDisk
この三社が安定しています。

家電量販店などで、カメラを買うとSDカードも同時に買いませんか?
と店員におすすめされますが、
よくおすすめされるのがサンディスク。

個人的にはサンディスクのSDカードはおすすめできない。

Resize159634

電子的にデータが消えることは殆どないのですが、
物理的にSDカードが壊れやすいです。
上の写真ではカードの外装が割れてロックレバーが外れてしまいました。
コストダウンなのか、かなりプラスチックがもろいです。

一番のおすすめはいわゆる「金パナ」
金色のパナソニックのSDです。


値段は高いのですが、サンディスクの壊れる確率を考えると
結局安く済むことが多かった。

にほんブロ

グ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年2月16日 (木)

ブルガリアに行っていました

ブログの更新が止まっていたのはブルガリアに行っていたためです。

カタール航空にて、
羽田-ドーハ(12h)
トランジット(8h)
ドーハ-ソフィア(5.5h)
という長旅。

Resize159244
まさかの羽田からドーハの機内食でブルガリアヨーグルト。
カタール航空はボーイング787で結構快適でした。
Resize159245
ドーハはさすがお金持ちの国、
一回150ドルでベンツが当たるクジとかありました。
Resize159242
Resize159248
ブルガリアの首都、ソフィアでお金をおろす。
EU加盟国ですが、通貨がユーロではなく、独自通過のレヴァ。
ただし、ユーロと完全に連動している。今回のときは1レヴァ=60円位。
日本では両替できないので、
現地でクレジットカードのキャッシング枠を使うのが便利です。
ちなみにタクシー初め、クレジットカードが使えない店も多く
現金である程度持っていたほうが良い。

本を見ると、ぼったくりタクシーとかあるみたいです。
黄色の車体でOKタクシーなら安全だと思う。
Resize159243
料金は下の表の通り。
Resize159241
1kmで0.79レヴァ、
拾ったタクシーじゃなくて、ホテルとかで呼ぶと0.7レヴァ
1分待つと0.22レヴァ。
市外に出ると、目的地に応じてある一定の金額がかかります。
右側に書いてある数値は深夜料金。
比較的物価は安めです。

2月だったので、夜はかなり冷え込み、-10℃とかにもなります。
雪は少ないのですが、標高が550mあるので、思った以上に寒く感じます。
旭川より寒い印象。
Resize159226
この写真、手ブレではなく、K-30の手ぶれ補正(SR)が
何故か発振してこんな写真になってしまいました。
寒さのためなのか…。-10℃耐寒なのに。

ソフィアのすぐ近くに大きい山があって、結構圧巻です。
Resize159249
タクシーの後部座席で写真を撮っていたら、
助手席に座っていいよ、と言って窓も拭いてくれました。
ブルガリア人は結構優しい。
Resize159211
スキーリゾート地のバルカン
Resize159210
有名なリラの寺院
Resize159228
そしてブルガリアンヨーグルト。
Resize159224
チーズケーキのようなちょっと固めのヨーグルトで
ジャムがかけてあります。美味しい。

遠いし、日本からは馴染みの薄い国ですが、
山や寺院もきれいで良い国でした。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年2月10日 (金)

・Adobe CameraRAWで少し便利な機能

一般的なRAW現像ソフトである
AdobeCameraRAW(Photoshopに付属)
で知ってるとちょっと便利な機能を紹介します。

Untitled1
RAW現像画面で、右側のこのタブです。
良くわからない機能なので使っていない方も多いかと。
この機能は、シャドーやハイライトの部分に色を乗せる機能です。

たとえば下の写真
Resize159206

全体を青っぽくしてクールな印象に仕上げました。
ただ、机の脚や黒い椅子コーナーの陰っている部分も青くなっていて
冷たい印象になりすぎています。
その際に、この機能で若干の味付け程度に
黄色をシャドーに載せると、微調整ができます。
Resize159207
微妙な差だが、机とかが黄色っぽくなっています。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年2月 6日 (月)

・色域とデータとしての値の関係

デジタルで色を扱うのは実はとても難しいことです。
なぜならば、人によって同じ色でも違うように見えたり、
表示機器(ディスプレイやプリンタ)によっても
表示できる色の範囲に差があるためです。

有名なものに、sRGBとAdobeRGBがあります
この図は横軸と縦軸がそれぞれx-yでしめした「可視光」の
色を表した図です。
Rgb_3
国際照明委員会(CIE)が決めました。
AdobeRGB対応モニタとsRGBモニタでは表示できる色が異なります。
大きい三角がAdobeRGBの色域、
小さい三角がsRGBの色域です。

表せる色の広さは異なりますが、
データ上ではsRGBもAdobeRGBも
光の三原色の赤緑青をそれぞれ256段階で色を表します。
(8bit×3=24bitカラー)

データ量としては同じなのに、表せる色域が異なることに
疑問を抱くかもしれません。
AdobeRGBとsRGBでは同じ(R,G,B)=(0,255,0)のデータでも
表す色が違います。
8
sRGBで(0,255,0)の色をAdobeRGBで表そうとすると
(139,255,51)ぐらいの数値になります。
AdobeRGBの(0,255,0)はsRGBでは表せません。
つまり、(R,G,B)のデータを色空間のどこにプロットするかの
違いといえます。
このどこにプロットするか、というのが
カラープロファイルです。
カラープロファイルが記録されていない画像だと
その画像の製作者がどういった色を意図していたのかが
不明になってしまいます。
(iPhone7で撮影した写真のプロファイルが
縮小やSNSに上げて消えてしまうと、色があせて見えてしまう、
また、プロファイルを読み込んでくれるアプリケーションじゃないと
色があせてしまう)

現在ではプロファイルがない画像はsRGBで表示するのが一般的です。

にほんブロ

グ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年2月 4日 (土)

・撮像素子でG画素が多い理由

デジカメのセンサーでは色情報を得るために
光の三原色であるRGBの画素があります。
この並びは下の図のようになっていて、緑の画素が多い。
53

人間の眼には、色情報よりも輝度情報の違いが
敏感にわかる
という特性があります。

RGB(赤緑青)をYUV(輝度と色差)に変更する式
Henkan_21
輝度であるYを作るためのRGBの成分は
Gの係数が0.587と一番大きい値になっていることが
わかります。
そのため、輝度に大きく関与するGの成分が
センサでも多く配置されています。

そもそも、なぜ緑が輝度に大きく関与するのか、
というのを知るためには、人間の眼の特性も
知る必要があります。

波長によって人の目がどの程度明るく感じるかを示したものが
以下のグラフです。
Hisikando

青・緑・赤
緑が一番明るく感じる。
8

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年2月 1日 (水)

・二宮で菜の花と富士山

神奈川県の大磯付近にある二宮町。
東海道線二宮駅からすぐ近くの吾妻山公園から
菜の花と富士山がきれいに見えます…のはずが。
Resize159202

私が訪れたときは、気温が高く、
もやっていて富士山があまりきれいに見えませんでした…。

Resize159200_2
ネコのチャミが人気らしいです。
飼い主さんと一緒に山の上まで登ってくるらしい。

朝一で行きましたが、人が結構いました。
お昼近くになると駐車場混雑のため注意。
階段も300段ほどあるので注意。
運動不足の身にはきつい。
富士山をハイペースで登ったのがウソのようだ。

菜の花は1月-2月と時期的に結構速いです。

Resize159195

Resize159199

その後に訪れた江ノ島

Resize159198

Resize159203

Resize159196

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »