2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ・SanDiskのSDカードはあんまりおすすめできない | トップページ | ・K-70,KPのケーブルレリーズ »

2017年2月21日 (火)

・赤と青はデジカメで解像度が低い

デジタルカメラのほとんどでは
色を再現するために、ベイヤーといわれる方式で
色情報を取得しています。
これは撮像素子の上に、ベイヤー配列と呼ばれる
光の三原色のRGBのカラーフィルタを配置しています。
11
このことより3600万画素のデジタルカメラでも、
緑の解像度は1800万画素、青と赤はそれぞれ900万画素しかありません。
ベイヤーだと解像度が下がることの記事

一般的な被写体であれば、
周辺画素を補間することで色を作りますが、
たとえば真っ赤な実とかだと、周辺に緑しかなかったりして画素が使えないため
900万画素相当の解像に落ちてしまいます。
Resize159639

赤と青の部分の境界
__imgp8036

普通のエッジ部分
__i__mgp8036

赤い部分と青い部分の境界はちょっともやもやしています。
特に赤い物や、青色LEDだけで照らされた場所などは
解像度が下がってしまいます。
この問題を解決するためには、foveonのような
三層式のセンサが必要だったり、3CMOSのような
3板方式などがあります。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・SanDiskのSDカードはあんまりおすすめできない | トップページ | ・K-70,KPのケーブルレリーズ »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

解像度が低く写るのは、赤や青の補色の物体、緑や黄色では?

コメントありがとうございます。
黄色や緑が解像度低くなるという話を初めて聞きました。
後日検証をしてみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/69683487

この記事へのトラックバック一覧です: ・赤と青はデジカメで解像度が低い:

« ・SanDiskのSDカードはあんまりおすすめできない | トップページ | ・K-70,KPのケーブルレリーズ »