2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

・後ボケをきれいにすると前ボケが汚くなりがち

レンズの性能の一つとして、解像度がありますが
それ以外にもボケ味も重要な指針の一つです。
ただし、ボケ味は数値化が難しい概念です。

そもそも汚いボケとはどんなボケかというと
「二線ぼけ」が代表的です。

Resize160276
左下あたりの草の部分がわかりやすい。

下の図は、後ボケがきれいになるように設計したレンズの例です。
Bokeh

下にある円がスポットダイアグラムのイメージです。
この図では後ボケはきれいなボケですが、
前ボケは二線ボケになっていて汚いといえます。

ボケ表現で主に使う後ボケをきれいにしようと設計すると
前ボケにしわ寄せが行きがちです。
両方きれいにする設計は難しい。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年3月27日 (月)

・パノラマ一枚撮り

最近はTHETAのような360°カメラがたくさん出てきたり
スマホでもパノラマ機能で簡単にパノラマ撮影ができます。


一眼でパノラマを撮る理由の一つとしては
超高解像度の画像を得ることです。
コレは何枚も角度をずらして撮影して
合成する手法(スティッチング)です。

しかしこの方法は非常に高度かつ面倒くさい。

私の場合は、RAW現像ができる、という点で
一眼でパノラマを撮ることがあります。

Resize160271

Resize160272

RAWで撮影しておくと、このように後からいろいろな表現ができます。

撮影時の注意は、なるべく広角レンズを使うことです。
更に、周辺まで解像が良いレンズが良いです。
(サムヤンの14mmなどがおすすめ)


また撮影被写体は中心に持ってくるのが良い。
周辺部は歪曲収差が目立ってしまいます。

Resize160268

広角レンズで撮影したものを、
トリミングすれば完成。

Resize160267

Resize160269

Resize160270

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年3月25日 (土)

・香港に行っていました

ブログの更新が止まっていたのは香港に行っていたためです。

Resize159776

香港は沖縄よりも南に位置するため、気候はかなり温暖。
空港から香港中心部に出るためには
電車かタクシーを使います。
タクシーの場合、海底トンネルの通行料なども加算されて
大体400HKドルほど(6000円くらい)
市街地に行くためには赤い色のタクシーを使います。
Resize159778

新宿とは比にならないほどの林立したビルに圧巻。
Resize159800
Resize159791
Resize159786
ちょっと大きい地震が来たら全滅しそう。
ジェンガ的な建物が多いので見ていて怖いです。
建築のための足場が竹で組まれているのもすごい
Resize159798

観光の移動は地下鉄が安くて便利です。
Resize159806

地下鉄の駅のマーク
地下鉄の切符を買うには、目的地の駅をタッチすると
料金が表示されます。
Resize159794
20分くらいの距離でも14HKD(250円くらい)でやすい。

切符はICチップ入りのカードです
Resize159779

改札でタッチして入場
地下鉄の様子
Resize159799

エスカレーターは関西圏なので右に乗ります。
Resize159807

出るときには、カード回収口のある改札を使用します。
この写真の改札はICカード専用なので通れませんでした。
Resize159808

日本の改札のようにICチップ専用の改札機もあるので注意。
Suicaのような、チャージして使えるオクトパスというのも便利です。
地下鉄の駅は渋谷駅みたいに迷路のようですが、看板がちゃんとあるのと
動線がちゃんと考えられているので迷わないと思う。
Resize159784
Resize159782

香港島からの眺め
Resize159790

ビクトリアピークからの眺め。
Resize159793
Resize159802

ビクトリアピークはケーブルカーで登れます。
Resize159783

九龍地区はごちゃごちゃしていてカオス。
道路の上にまで看板がせり出しているのが香港っぽいです。
Resize159797

○○の△△
みたいな「の」の助詞としての使い方は香港でよく使われる??
Resize159777

Resize159805

また、APITAがあったり、日本のフードコート的な場所があったり。
Resize159780

Resize159781

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年3月18日 (土)

・スポットダイアグラムとは

デジカメのレンズ設計ではレンズの解像度は
非常に重要な要素の一つですが、
ボケ味も大事な要素です。

ボケ味とはレンズの収差のでかたによるものなので
収差図が読めればどんなボケになるのかがわかります。

しかし、収差図では直感的にボケがきれいか汚いかわかりづらい。
そこで、最近ではコンピュータの計算でボケが直感的にわかりやすい
スポットダイアグラムと呼ばれる図も出力されます。

下の図のように、
レンズを格子状に分割し、それぞれの部分に光軸と平行な光線が
入射したときの光線追跡をします。
(緑色の点が入射する光とする)
2

光線の図を書いたものが下の図です。
2_2

ここで、赤い線の部分で切った断面図はどうなっているかというと、
こんな感じになります
1_2
この図がスポットダイアグラムです。
スポットダイアグラムを見ると、ボケた部分に輪郭が付き
二線ボケの傾向があることがわかります。

にほんブロ

グ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年3月15日 (水)

・PeakDesignの速写ストラップが便利

PeakDesignの速写ストラップを購入しました。

Resize159724_2


これがかなり便利です。
速写ストラップはカメラの三脚穴を用いて
固定するものが多く、三脚と排他になってしまうものがほとんどです。

PeakDesignも例にもれず三脚穴を用いるのですが、
ここにつけるアタッチメントは、アルカスイス互換のプレートです。
Resize159722

アルカスイスタイプの雲台の場合、三脚と排他になりません。
また、私のようにカメラを複数台使用しているときにアタッチメントを付けるだけで
ストラップ自体をすぐに付けられるため、
鞄の中がかさばらないのも良い。
(一つは速写用、もう一つカバンの中に予備カメラのような使い方)

しかし、私の場合、プレートタイプの雲台が嫌いなので
三脚穴は必須です。
Resize159720
(レンズの三脚座やコンデジすべてにプレートを付けてられない)

そこで用いているのが
CustomSLRというところのプレート

Resize159718


これを用いると、三脚穴、アルカスイスプレート、
ハンドストラップ、速写ストラップすべてを使用可能です。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年3月12日 (日)

海上に立つ電柱

千葉県の木更津に海に立つ電柱の撮影に行ってきました。

Resize159711
江川海岸潮干狩り場という場所です。
その名の通り、潮干狩り場で、
奥の方にある監視小屋のための電柱が干潟に立っています。

しかし、最近は使われておらず、劣化もあるので撤去される可能性があるとのこと。
これまで、金田海岸、久津間海岸にもあったらしいのですが、
すでに撤去されたとのこと。
観光客が増えて、ごみ問題や危険行動問題があったため。
今回も観光バスが来ていました。ツアーもあるみたいです。

海の上に電柱が立っている様子を見れるのは満潮のときです。
今回は、満潮時刻と夕暮れ時刻が重なるときに行ったので
多くのカメラマンがいました。

Resize159713
海岸は立入禁止になってしまっているので、マナーを守って撮影しましょう。
Resize159710
ちょっとわかりづらいですが太陽柱(サンピラー)も発生していました。

Resize159709
例によってND1000を用いて撮影
もうちょっと粘って工場夜景とセットにしようと思ったが寒かったので撤退。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年3月 9日 (木)

・ナイキスト周波数とは

デジカメのモアレの話になるとよく
「ナイキスト周波数」という言葉が出てきます。
このナイキスト周波数とは、信号処理の分野の言葉です。
(大学で信号処理の授業を受けると出て来る用語)

デジタルカメラでは、
空間をデジタルの画像データに切り抜きます。

実空間は連続的なものですが、
デジカメでの画像データは、ピクセルごとの
離散的なデータになります。

例:六本木ヒルズから見た景色
Resize159702

実空間のイメージ
_imgp6480__
超望遠レンズで実空間を拡大して撮影。
どれだけ拡大しても連続した空間になっています(当たり前だけど)。

デジカメでのデジタル画像のイメージ
2
最初の画像をどんどん拡大していくとブロックが見える。
各画素が格子状に並んでいます(離散的)。

この、連続した値を離散した値にすることを
サンプリングといいます。
どれだけの周期でサンプリングをするかが
サンプリング周波数です。
デジカメだと撮像素子上に画素が規則的に並んでいるので
画素のサイズが周波数になります。

たとえば下の図のような細かい周期的な模様があったとします。
3

これを正確に再現するためには、二倍より大きい周波数で
サンプリングをする必要があります。
この周波数をナイキスト周波数といいます。
(上の図でいうと、画素ピッチ5μm未満,
ベイヤー配列ではなくモノクロセンサとする)
なぜ二倍かは、「フーリエ変換 ナイキスト周波数」などで検索してください。

こんなに細かい模様を写真で写すことなど無い、
と考えるかもしれませんが、
柵などの被写体をレンズを通して撮像素子に写される像だと
これくらい細かくなることもあります。
1

ナイキスト周波数より高い周波数の被写体を映すと
折り返しひずみが発生し、本来の画像と、
折り返しひずみによるものなのか区別が不可能になります。

Resize159703
拡大
Imgp0421_

PENTAXの画素ずらし技術、RRSで撮影しているので、
色モアレは発生しないが、輝度モアレが発生している。

APS-C機種で1600万画素の機種より
2400万画素の機種のほうがモアレが発生しにくいとよく言われます。
これは、画素ピッチが狭くなり、ナイキスト周波数が大きくなるため、
より細かい模様じゃなければモアレが発生しないためです。

にほんブロ

グ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年3月 6日 (月)

・水辺の夕景をND1000で撮る

ND1000は面白いフィルターです。


10段分もの減光ができるので、昼間でも30秒露光したりできます。
特に最近私がハマっている撮影方法は、夕暮れに
水辺でND1000を用いて撮影することです。

Resize159699
上記写真は約3分の露光。
これくらいシャッター速度が長くなると、水の質感がすごい滑らかになります。
Resize159700
雲も流れていい感じに。

Resize159698

Resize159701

注意点としては、長秒撮影だとセンサが熱を持つので
なるべく冬など寒い時期に行うこと。
夏だとノイズだらけになります。
寒い時期に撮影し、長秒時NRはONにするのが一番オススメ。

夏に長秒時NRをONにすると、センサ駆動時間が2倍になり、
その分熱も帯びるので、余計にノイズが増えてしまいます。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年3月 5日 (日)

・桜撮影おすすめ場所

これまでに私が桜を撮影しに行った場所を紹介します。
日付は今後の参考に。

・千鳥ヶ淵
Resize159697
2016/4/2
皇居の堀の一部です。九段下が最寄り駅で
桜でも有名な場所です。
とても混雑するので、平日の昼間とか、
深夜に行くのがおすすめです。

・わに塚の桜
Resize159694
2016/4/12
山梨県の韮崎にある一本桜です。
大きな木で、見事です。

・上発地の枝垂れ桜
Resize159696
2016/4/16
群馬の沼田よりおくにある桜です。
山奥なので星もきれいに見えます。
周囲は畑なので撮影時にはマナーを守って
気を付けてください。

・六義園
Resize159693
2016/3/27
ライトアップされる枝垂れ桜が見事です。
夜に撮影の際は、三脚禁止なので注意してください。

・増上寺
Resize159692
2016/3/27
東京タワーと一緒に撮影ができます。
夜はライトアップされないので、昼間に撮影するか
自分でライトアップするのが良い。

・目黒川
Resize159689
2016/4/3
ここ数年は以前にもまして混雑。
池尻大橋駅側から見ていくのが良いです。
中目黒の混雑はひどい。

・六本木さくら坂
Resize159690
2016/4/6
毛利庭園は混雑していますが、こちらはマイナーなのか
割と空いています。

・業平橋の桜
Resize159691
2016/2/21
スカイツリーと絡めることができます。
河津桜なので時期が早く、2017年はもう終わってしまいました。

・隅田公園
Resize159695
2015/3/30
お花見客も多く、非常に賑わっています。
賑わいも入れるといい感じになるかと。

にほんブロ

グ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年3月 4日 (土)

・デジカメは赤と青の解像が低い、検証

以前の記事
ベイヤータイプのデジカメは赤被写体と
青被写体の解像度が低くなることを記載しました。

この記事に対し、補色の緑と黄色の解像が低くなるのでは?
との意見をいただいたので検証しました。

検証方法
輝線の存在しない光源(ハロゲンランプ)に
カラーフィルターをかぶせて特定の波長域の光だけ出す。
Resize159676
ハロゲン懐中電灯に、拡散フィルムを貼っています。
この上に、カラーフィルタをとりつけます。

青い光
Resize159673
赤い光
Resize159675
緑の光
Resize159672
黄色の光
Resize159674
1
斜め線の部分で赤い光だとジャギジャギしていて解像が落ちています。

2
格子模様が、赤と青では崩れています。

3
青い光のときは、明線が細くなっている。
画素補間の段階で細くなってしまっているのだろうか。

4
ジーメンススターも赤と青では解像が落ちています。

やはりベイヤーで画素数の多い緑色の光の時が
解像度が出ていることが分かります。
また、黄色の時も、赤と緑の画素が使われるため、
解像が良くなっているのがわかります。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »