2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ・星の日周運動撮影用にK-01が便利 | トップページ | ・HDRモニターは輝度じゃなく表現できる色が広がる »

2017年4月26日 (水)

・SONY フラグシップミラーレスα9のセンサー

ソニーのフルサイズミラーレスの最上級機 α9がついに発表されました。

Img_001

画像はsonyのニュースリリースより

このα9のメインの進化はAEAF追従、ブラックアウトレス20コマ連写。
オリンピックを狙いに来ているスペック。
この技術を支えるのがメモリ積層型センサー。

積層型と言っても、シグマのフォビオンのような
RGB垂直分離ではありません。ベイヤーです。

8

この積層型センサの仕組みはすでにRX100mark4や
XperiaXZ Premiumにも採用されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 ソニー Cyber-shot DSC-RX100M4
価格:92280円(税込、送料無料) (2017/4/26時点)


フルサイズでは初。
センサの光電変換素子に受けた光のデータを一体型のメモリに保存することで
高速に画像読み出しが可能になります。

高速に読み出せるメリットの一つとして、CMOSのローリング歪の軽減があります。
従来の20倍の速度で読み出せるとのことなので、ローリング歪もあまり気にならなそう。

メカシャッターでもスリット走行になるような高速シャッターの時には
多少なりとも歪みが出るので、それに近い位かもしれない。

メモリ積層センサを使用しているRX100とかでは960fpsの超スーパースロー撮影ができます。
また、Xperiaでは、バッファをためておいてマイナスシャッター
(シャッターボタンを押した時より前が記録できる)を実現しているので
α9でも原理的にはできるはず。

また、特許で出ている、センサ上でHDRを行う技術も可能なはず。
これを使えば、HDRモニタ用のハイブリッドログガンマやPQカーブの
映像を作成する際に、白とびを抑えるために
アンダーで撮影して、後で持ち上げる(暗部のノイズとゴーストが目立つ)
ような無理やりな処理をせずに実現できそう。

このセンサーから像面位相差画素を取り除いたセンサー
(像面位相差画素があると画質劣化するから)で
ペンタックスからフルフレーム一眼レフを出してほしいけど
センサー自体が高いだろうなぁ。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・星の日周運動撮影用にK-01が便利 | トップページ | ・HDRモニターは輝度じゃなく表現できる色が広がる »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/70378674

この記事へのトラックバック一覧です: ・SONY フラグシップミラーレスα9のセンサー:

« ・星の日周運動撮影用にK-01が便利 | トップページ | ・HDRモニターは輝度じゃなく表現できる色が広がる »