2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ・NDフィルタとニュートンリング | トップページ | ・ND1000とハーフNDの組み合わせ »

2017年5月17日 (水)

・ND1000で暗い場所での露出計算

ND1000は10段も暗くするフィルターです。
たとえば、夕暮れで、シャッター速度が1/32秒の場合に、
ND1000を用いると、必要なシャッター速度は32秒も必要になります。
これによって、長秒で撮影できるので、
水面などが滑らかになります
Resize161047

夕暮れや夜間でのND1000を用いたときの
露出段数の計算は、私は以下のよう暗算でに行うことが多い。

ND1000をつけて、適正露出でシャッター速度が30秒になる絞りとISO感度を探す。
(30秒までであればカメラが自動で絞りとISO感度を計算してくれます)
仮にISO 200で、F4.0だった場合。
露光時間を8分にしたい場合(8分くらいが我慢の限界)

30秒⇒1分⇒2分⇒4分⇒8分
つまり4段分をISOかF値でつじつま合わせをする必要がある。
F4.0⇒F5.6⇒F8⇒F11⇒F16
つまりF16にすれば、8分露光でも適正露出になります。
ただ、F16まで絞ってしまうと
回折現象による解像度劣化が心配なのでF11にします。

そのため、ISOを200⇒100にすればつじつまが合います。
F11でISO 100にすれば適正露出で撮影可能。

明るい場所での露出の計算方法はこちら

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・NDフィルタとニュートンリング | トップページ | ・ND1000とハーフNDの組み合わせ »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/70594120

この記事へのトラックバック一覧です: ・ND1000で暗い場所での露出計算:

« ・NDフィルタとニュートンリング | トップページ | ・ND1000とハーフNDの組み合わせ »