2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ・ND1000で暗い場所での露出計算 | トップページ | ・自由雲台にもいろいろ種類がある »

2017年5月21日 (日)

・ND1000とハーフNDの組み合わせ

以前の記事でフィルターを組み合わせて使う技を書きました。

フィルターを組み合わせるときのルールとして、
濃いフィルター(NDフィルタとか)はなるべく前に設置する必要がありあます。

---ND1000--------
---PLフィルタ----
---レンズ--------

のように。

これは、最初の面で光量を落とすことで、フィルタ重ね付の時の内面反射
をなるべく少なくするという意味があります。
9
左の図のほうが、フィルタ間反射が少なくて
画質に影響が少ない。
あと、何枚もつけると、ケラれるかも


ND私の持っているND1000は円形タイプなので、
どうしても、角型ハーフNDのほうが前になってしまうという状態ですが…。

Resize161048

Resize161049

このように夕景でかなり印象的な写真が撮れます。
水面はND100で滑らか、かつ、空の明るい部分はハーフNDで諧調がしっかりとでる。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・ND1000で暗い場所での露出計算 | トップページ | ・自由雲台にもいろいろ種類がある »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/70623862

この記事へのトラックバック一覧です: ・ND1000とハーフNDの組み合わせ:

« ・ND1000で暗い場所での露出計算 | トップページ | ・自由雲台にもいろいろ種類がある »