2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日 (木)

・RX0

ソニーから新しいアクションカムのRX0が発表されました。

Ehtwbbdbnkp8i1lor67n
(画像はソニーのニュースリリースより転載)

GoProと何が違うんだろう…。

スペックを良く見てみると、高速読み出しタイプの1inchセンサー!
焦点距離は35mm換算24mm固定、F4。
背面液晶有り。
最強のスナップシューターになれるのではないか?
旅行行くとき、広角レンズ持っていくよりこれ一個持っていればいいかも。
(個人的にはIRカットフィルターを外して赤外線特化にしたい…)

そして、RX0で検索するとお台場のガンダムがたくさんヒットする。

Resize162235

このガンダムはユニコーンガンダムで型番がRX0らしい。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年8月27日 (日)

・ピント位置で視点を誘導させる

ピント位置は写真表現で非常に重要です。
Resize162238
ピント位置が思ったところに来ていない写真は
失敗写真になってしまいます。

失敗まで行かなくても、
ピント位置をどこに持ってくるかで
写真表現を変えることができます。

Resize162241

ひまわり畑を普通に撮影するとこんな感じになる。

ピント位置をあえて一番奥に持っていく。
Resize162242

こうすると、写真を見たときに、
画像中央から画像上部に視点が移動するので、
写真全体でひまわり畑の広大さを見せることができます。
Resize162240

また、この写真を撮影するときには
35mm換算210mm相当の望遠で撮影しています。
これによってひまわりが圧縮効果でギュッと詰まって
咲いているように見せることができます。

ちなみに広角で撮影するとこんな感じになります。
Resize162243

そもそも、このひまわり畑が広いので
広角でも充分に広さを見せることができますが。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年8月25日 (金)

・BT.601 BT.709 BT.2020 BT.2100規格

色空間にはいろいろな規格があることを以前の記事で書きました。

静止画でなく映像の規格になるとさらに複雑になります。
主に放送業界で使われていたり、映画業界で使われていたり、
いろんな利権がからんでいます。
※まだ勉強中のため、間違っている部分があるかも

・BT.601
VGAサイズなど昔のテレビの画像サイズで使用されている規格。
RGBでもYUVでも良い。
ただ、RGBの時の値は16-235です。
黒=(R,G,B)=(16,16,16)であらわされる。
そのため、BT.601形式の映像を0-255で再生してしまうと、
暗部に締まりがない映像になってしまいます。

疑似的にBT.601を間違って再生した時のイメージ
Resize162229

正しい表示
Resize162230

・BT.709
ハイビジョンのテレビの規格。
色域はsRGBでRGBそれぞれの値は0-255の8bitです。
そのため、基本的には写真のjpegと同じです。

・BT.2020
以前の記事で詳しく書きました。

・BT.2100
HDR映像コンテンツの規格。
BT.2020かつ、ハイブリッドログガンマ(HLG)or PQカーブをまとめたもの。
解像度は2K,4K,8Kをサポート。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年8月20日 (日)

・緑色の雲

今年は六郷土手に続いて多摩川の花火大会も悪天候で中止になりました。
多摩川花火大会の会場に向かう途中、付近では巨大積乱雲が発生していました。
おそらくスーパーセルに近いレベル。

その際、空がありえない色になっていました。
Resize162230

Resize162231

Resize162233

Resize162236

画像加工でこのような色にしたわけではありません。
実際に緑色になっていました。
日の当たっているような部分は紫っぽくて、色相的に逆の色です。

この直後に、猛烈な雷雨。
Resize162237

雷がすごかったので、雷の写真を撮ろうと三脚を立てましたが、
すぐ近くに落ちたため、身の危険を感じ、橋の下へ避難。

Resize162238

ダウンバーストが発生しているかのように風も非常に強い状態でした。
Resize162239
雷がすぐ近くで何発も落ちているため、避難していたのだろう子供も泣いていました。
そして花火大会も中止になり、泣きっ面に蜂でかわいそうでした。。

その後一瞬晴れ間が。
さっきの嵐が嘘のよう。
Resize162240

緑の雲について、色々調べましたがなかなか情報が出てこない。
そしてようやく発見した情報が以下のページ
世界の不思議な自然現象4選

実は、雷雲の中に出来た氷の結晶が太陽の光を通すと緑色に見えることがある
気象学者は、この空が現れたらすぐに避難したほうが良いと言っている。

とのこと。

たしかにスーパーセルで画像検索をすると、
空の一部が緑になっているものがある。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年8月18日 (金)

・クランプポッドが便利

クランプポッドなるアイテムを購入しました。


これは手すりや三脚の足に挟み込んで固定するアイテムです。

夜の撮影時に、手すりに固定
Resize162224

これで撮影した写真
Resize162225

ガードレールに挟んで固定
Resize162226

これで撮影した写真
Resize162227

軽量(280g)ながら、フルサイズ一眼レフも固定できます。
雲台は自分の使いやすいものに交換しています。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年8月15日 (火)

・ノイズをあえて加える

最近のデジタルカメラはセンサーが非常に良くなっていて、
画像処理も良くなっているので、
高感度で撮影してもノイズが少なくなっています。

しかし、ノイズが絶対悪かというとそんなこともない。
音でも同じですが、
不快なノイズと心地よいノイズが有ります。
1/fゆらぎとか?そのあたりはよくわかりませんが。
一般的に低周波なノイズは嫌われます。

そして最近のデジカメではノイズが無さ過ぎて
違和感がある写真になることもあります(絵画っぽい)。
そのため、ノイズリダクションでノイズを取った後に、
意図的に「存在してもいいノイズ」を
画像に乗せていたりするカメラもあります。

ノイズを取った画像
Resize162215

ノイズを意図的に付加した画像(周辺光量落ちも付加)
Resize162216

ノイズを付加することで、フィルムっぽいというか
味のある写真になります。
好みは分かれますが。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年8月14日 (月)

常総きぬ川花火大会2017

少し前になりますが、行ってきました。
花火を作る会社では有名な野村の本拠地でもあるので、
かなり質のいい花火が上がります。

広角でインターバル撮影で自動的に撮影していた写真。

Resize162186

Resize162180

Resize162181
アップにしたり縦位置にしたり、色々操作していた写真。

Resize162185

Resize162184

Resize162188

Resize162182

Resize162187

風下、左下の木が邪魔という、場所取りの問題がありました。
有料席だと、ワイドスターマインが正面にならないけど、風上という利点がある。
来年は有料席にしようと思う。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年8月11日 (金)

・花火をアップで撮るコツ

花火の全体像を撮る方法

Resize162178

花火をアップで撮るには、全体像よりも難しいです。
まずは、花火大会のプログラムを把握しましょう。

大きめの花火大会だと、
単発の競技花火が上がることがあります。
この際は、会場でどのような花火かアナウンスがあります。
「野村花火工業株式会社、昇り曲導付八重芯錦冠先割」
とか。
こういったプログラムの時は、一発一発に
インターバルがあるので、しっかりと心の準備が可能です。

こういった撮影をするときに必要な道具は、
・中望遠レンズ(便利ズームで構わない)(35mm換算100mm程度)
・三脚(自由雲台が好ましい)

昇り曲導で、どのあたりで花火が炸裂するか
ある程度予想が付けられます。
4

5
この時、素早く構図決めと固定には
自由雲台が良い。

6

昇り曲導を入れる撮影方法もあるが、微妙な場合もある。
これは個人の好みにもよる。
Resize162174

また、シャッターを押すタイミングが遅く、
花火の最初が途切れてしまうと残念な感じになるので注意。
Resize162179

個人的には「千輪」がアップで撮った時に美しいと思う。
千輪:小さい花がたくさん咲く花火。
Resize162176

また、昇り曲導が小花付きのタイプは
それを入れてもよいと思う。
Resize162175

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年8月 6日 (日)

・画像合成でレンズゴーストを消す方法

レンズのゴーストは写真を撮るにあたって
非常に厄介なものです。

コーティング技術によって、
ゴーストが発生しにくいレンズを
各社頑張って開発したり、
写真撮影時もフードをつけたりハレ切りをしたりして
ゴーストが出ないようにしています。

それでも、画面内に太陽などの光源が入ると
どうしてもゴーストが出てしまい防ぐことが難しい場合が有ります。
後から画像処理でゴーストを消すのはとても難しい。

Resize162163

少し頑張って消してみようとした
Resize162164
レタッチの技術を十分に持っているならば
うまく消せるかもしれないけど…。

そこで、どうしてもゴーストが出てしまい
なんとか消したいときの技の一つ(風景限定)。

普通に撮影
Resize162162

左側の光源の周りに円弧状にゴーストが発生しています。
ここで、同じ設定で、光源を指などで隠して撮影します。
Resize162160

するとゴーストが抑えられてるので、
この画像をもちいて、
もとのゴーストが発生している場所に合成することで
ゴーストを消すことが可能。
(やり方はレイヤーで重ねて、マスクを切れば良い)

Resize162161

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年8月 3日 (木)

・KANIの可変NDフィルターを購入

最近、中華系のフィルターメーカでも質の高い
フィルターを製造するところが現れてきました。
その筆頭がNiSiです。

ハーフND等の角型フィルターで
他社にはあまり存在しないリバースタイプなど
ユニークな製品が多くあります。

これまでフィルターメーカといえばKenkoやマルミなど
日本メーカが殆どで、
中華系のフィルターは安かろう悪かろうでした。

しかし、NiSiはコーティングもしっかりされていたり
質の高いフィルターを製造しています。

Resize162156

私もNiSiのリバースタイプハーフNDを使用しています。

値段もまあまあ高いのですが、
日本のメーカなどに比べれば安い。

NiSiと似たようなフィルターメーカーで
KANIというメーカもここ数ヶ月で伸びてきています。
元日本のフィルタメーカの技術者もいるらしく、
NiSiよりも質が良いとの噂。
またお値段も、NiSiより若干安い。

可変NDでND64-1000という、
個人的に非常に欲しかった露出係数のフィルターが売っていたので
購入してみました(Kenkoのだと5万円とかする)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KANI HT PRO+MC ND64-1000 Variable 77 mm
価格:18485円(税込、送料無料) (2017/8/2時点)


SIGMAの10-20mm(超広角)につけてみました
ND64相当
Resize162155

ND128相当
Resize162154

ND256相当
Resize162153

ND512相当
Resize162152

ND1000相当
Resize162151

可変NDは偏光フィルターを二枚重ねている構成上
どうしても広角だとムラが出がち。
正直おもったよりもムラが大きいかなあという気持ち。
(そもそもLED光源下なので、偏光があるが)

一般実写
Resize162157

Resize162158

Resize162159

一般実写ではムラはそんなに気にならない。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »