2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・高彩度高輝度被写体をチャートに追加 | トップページ | ・画像合成でレンズゴーストを消す方法 »

2017年8月 3日 (木)

・KANIの可変NDフィルターを購入

最近、中華系のフィルターメーカでも質の高い
フィルターを製造するところが現れてきました。
その筆頭がNiSiです。

ハーフND等の角型フィルターで
他社にはあまり存在しないリバースタイプなど
ユニークな製品が多くあります。

これまでフィルターメーカといえばKenkoやマルミなど
日本メーカが殆どで、
中華系のフィルターは安かろう悪かろうでした。

しかし、NiSiはコーティングもしっかりされていたり
質の高いフィルターを製造しています。

Resize162156

私もNiSiのリバースタイプハーフNDを使用しています。

値段もまあまあ高いのですが、
日本のメーカなどに比べれば安い。

NiSiと似たようなフィルターメーカーで
KANIというメーカもここ数ヶ月で伸びてきています。
元日本のフィルタメーカの技術者もいるらしく、
NiSiよりも質が良いとの噂。
またお値段も、NiSiより若干安い。

可変NDでND64-1000という、
個人的に非常に欲しかった露出係数のフィルターが売っていたので
購入してみました(Kenkoのだと5万円とかする)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KANI HT PRO+MC ND64-1000 Variable 77 mm
価格:18485円(税込、送料無料) (2017/8/2時点)


SIGMAの10-20mm(超広角)につけてみました
ND64相当
Resize162155

ND128相当
Resize162154

ND256相当
Resize162153

ND512相当
Resize162152

ND1000相当
Resize162151

可変NDは偏光フィルターを二枚重ねている構成上
どうしても広角だとムラが出がち。
正直おもったよりもムラが大きいかなあという気持ち。
(そもそもLED光源下なので、偏光があるが)

一般実写
Resize162157

Resize162158

Resize162159

一般実写ではムラはそんなに気にならない。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・高彩度高輝度被写体をチャートに追加 | トップページ | ・画像合成でレンズゴーストを消す方法 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/71315150

この記事へのトラックバック一覧です: ・KANIの可変NDフィルターを購入:

« ・高彩度高輝度被写体をチャートに追加 | トップページ | ・画像合成でレンズゴーストを消す方法 »