2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月29日 (金)

・FA 77mm limitedとレンズ保護フィルタは相性が悪い

ペンタックスの銘レンズの一つ
FA7mmはかぶせ式のレンズキャップの為
速写ストラップなどでキャップを付けたまま
身に着けているとキャップを落としやすいです。

幸い、金属製のキャップなので落とした時に音で分かりますが
取りに行けない場所に落ちちゃうと最悪。
(キャップも結構高い)

かといって、キャップを付けていないと、
レンズの前玉が大きいので、不意に触れたりして
汚す可能性もある。
Resize163353

ならば、保護フィルターを付ければいいのでは。
という事で、つけてみましたが、いまいちヌケが悪い。
しかも、僕の使い方が悪いのか保護フィルターも外れやすくて
すでに二回も落としてなくしています。

フィルター有り無しで比較してみました。
(割と高価なフィルターです)

フィルター有り
Resize163350

フィルター無し
Resize163351

青っぽいゴーストが発生しているのが分かります。
また、画像全体にフレアーがかかっている。

光源を別の角度から
フィルター有り
Resize163348

フィルター無し
Resize163349

同様の結果。

フィルター有り
Resize163352

フィルター無し
Resize163346

光源と点対称の場所にゴースト発生。
変な模様が発生しているのは、今回用いた光源が
このような模様を持っているためです。

結果として、FA77は保護フィルターと相性が特に悪いのでつけないほうがいい。
とはいえ、キャップもなくしたくない。
そこで私が取った方法が、メタルフードの使用。
Resize163347

メタルフードを常につけることにより、
レンズ前玉に不意に触れることを防ぐことが可能。
このフードは前側に62mmのフィルター径の溝が切ってあるので、
フードの上からPLフィルタなどがつけられるのも嬉しい所。

シルバーが売っていなかったので、自分で塗りました。
フードの内部までシルバーに塗ってしまうと
光が反射して悪い影響をおよぼすため、外側だけ塗装。

シルバーの塗料は車の傷隠しのものを使用しています。
シルバーでも車種によって
いろいろ種類がありますが、以下のものが近い。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年9月28日 (木)

・光害カットフィルター比較

KANIの光害カットフィルターの効果が
どれほどなのかを簡易的に確認しました。

星を撮影した場所は
首都高速のすぐ脇という最悪の環境。

Resize163345
高輝度ナトリウム灯がすぐ近くにあります。

参考に干渉タイプの本格的な光害カットフィルターも比較。

光害カットフィルターは露出で1段ほど暗くなるため、
フィルター無しでは1段分絞りで暗くしています。
撮影時間は同じ。

RAW現像で、ホワイトバランス以外を同じ設定で現像しました。

フィルター無し
Resize_nasi
KANIフィルター(透過型)
Resize_kani
IDAS(干渉型)
Resize_lps

近くの首都高のライトの影響でゴーストが生じています。
特に干渉型はゴーストが出やすいので、強く発生してしまいます。
近くに光源が無い場所で使用するのが良い。

拡大

11
左:LPS-P2干渉型 中:フィルタなし 右:KANIフィルタ

僅かに写る暗い星はフィルタ無しではバックグラウンドに埋もれて分からないが
フィルタ有りではなんとか認識可能。

やはり干渉型には及ばないが、KANIフィルタは光害のある場所で
ある程度有効であることがわかる。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年9月23日 (土)

・Kマウントには望遠マクロが無い

ペンタックスのKマウントで
一番焦点距離が長いマクロレンズは
DFA100macroです(現行機種)

ニコンやキヤノンには180macroや200macroがある。
かつては、FA★200mmF4macroという銘レンズが存在しましたが
現在は市場に殆ど出てこず、またプレミア価格になっており
入手が非常に困難。
いわゆる望遠マクロ難民のペンタックスです。

望遠マクロがないなら作ればいいじゃない、
ということで作ってみました。
Resize162805

SIGMA70-200(F2.8)+エクステンションチューブ+K-1
エクステンションチューブを使うと
絞りがコントロール出来ないので
黒テープで絞りレバーを開放に固定。
Resize162803

これを用いて近場に撮影に行ってきました。
100macroも同時に持っていって比較です。

スペシャル200mmマクロ
Resize162801

100macro
Resize162802

今回作った望遠マクロレンズでは、等倍マクロにならない…。
ワーキングディスタンスは取れるけど…。

しかも、マクロレンズのようにキレのある描写にはならない…。

マニアックなレンズを追い求めると
やはりペンタックスでは厳しいか…。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年9月21日 (木)

・開放測光とは

測光とは、その名前の通り、光の量を測ることです。

光の量を測ることで、適切な露光な写真を撮ることができます。
ところで、一眼レフなどのレンズには絞りが入っています。

Resize162794

実際に写真を撮るときは、この絞りを変えて
ボケをコントロールすることが多いです。

絞り開放で撮影
Resize162791

絞って撮影
Resize162790

絞ると当然、カメラ内に入ってくる光の量が少なくなるので、
ファインダーも暗くなってしまいます。

開放の時
Resize162792

絞った時
Resize162793

そこで、最近の一眼レフは開放測光という仕組みを利用しています。
通常時は常に絞りを開放にして光をたくさん取り込めるようにします。
そして、撮影する瞬間だけ絞りを絞るのです。
この撮影する瞬間だけ絞ることを想定して、
カメラは露出を自動で計算してくれています。
こうすることで、ファインダー像は明るく、構図が決められやすくなっています。

ただし、実際に撮影するときのボケ感は分からないので
プレビューという機能がついています。

11
このマーク
このプレビュー時のみ、撮影設定の絞りに絞られます。

ただし、近年のミラーレス機種では、
ファインダーに写る画像はセンサーを通したものなので、
常に、撮影設定での絞りを入れて
実際に撮影されるものを表示するようになっています。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年9月19日 (火)

・ゲートブリッジと飛行機の軌跡撮影

若洲海浜公園から飛行機の軌跡と
ゲートブリッジが同時に撮影できます。

Resize162787

しかし、よく調べておかないと
全然飛行機が飛んでこなかったり、
不意に飛んできてシャッターチャンスを逃すことも。

写真家の知人に、
飛行機撮影で有用な情報を教えてもらえました。

・離陸、着陸時は向かい風になるように飛ぶ
・flightradar24というアプリで世界中の飛行機の場所がわかる

羽田空港とゲートブリッジと撮影ポイントの
位置関係はこんな感じ。

2

図の航路のように離陸してほしいのですが、
風の向きによっては、逆向きに離陸したり、
別の滑走路を使ったりします。
理想航路で離陸するには、北方向に離陸するため
北風である必要があります。

そこで、星撮影でも便利なGPV天気予報で風向きをチェック。

3
丸をつけた辺りが羽田空港なので、
この周辺の風向きが北風なら良い。

肝心のカメラの設定は、
飛行機が離陸してから、画角外になるまで
おおよそ、100秒ほどでした。
バルブ撮影で、1分半ほどで適正露光にするためには、
ISO100、F16位。
ゲートブリッジも白飛びしないようにするには
F45まで絞る必要がある。
Resize162788
(ND64使用でF5.6)
RAW現像で暗部を持ち上げた
Resize162789

F45まで絞れるレンズも少ないし、回折現象が起きるため
ハーフNDを使用したり、ND8などを使用したほうがいい
(ND8を使用すれば、F16)
ゲートブリッジだけ適正になるように撮影して
あとで合成するのも良い。

また、飛行機が離陸するタイミングが
撮影ポイントからでは見えませんが
前述のflightradar24を使えば判断可能。

4

上の図のように滑走路に入ってくる飛行機があれば
それは理想航路で飛んでくれます。
flightradar24で目的の飛行機が滑走路に入ったら
バルブスタート。
飛行機が滑走路に入らなそうであれば、
その間に、カメラの設定のチェックなどをやっておけばいい。

ちなみに大きい飛行機のほうが、大回りする。
小さい飛行機のほうが小回り。
軌跡を何本も出すには、パソコンなどを用いて比較明合成。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年9月15日 (金)

・シフトレンズは周辺解像力にシビア

シフトレンズを用いると、あおり撮影ができ
建物の上すぼみを軽減させたりすることができます。

ただし、光軸をセンサ中心からずらすので
その分、イメージサークルの周辺を使用することになります。

この写真は俯瞰で通常撮影したものです。
Resize162755

レンズを下方向にシフトして撮影したもの
Resize162752

レンズを下方向にシフトしたほうが、
見た目に近い写真になります。

この時のイメージサークルは下の図のようになります
Photo
レンズをしたの方にシフトさせているので、
相対的にセンサはイメージサークルの
上がわを使うことになります。
イメージサークルのギリギリ端を使うので
レンズによっては画質の劣化が目立つ。
特にこの写真では画像で言うと下方向で劣化が目立つ
(センサには上下左右反転して映し出されるため)

絞り開放のとき、像高5割程度の場所。
左:シフト無し 右シフトあり
5
かなり像性能が悪くなっている。

2段絞ったとき
2_2
絞っても、画像中心に近いにも関わらず
像の流れが気になります。

このように、シフトレンズでは
普通のレンズ以上に、周辺解像力が求められる。
その為、良いシフトレンズは非常に高価
(数が出ないという理由もあると思うが)

ただ、シフトの効果はかなり大きく
使っていて面白い。

シフト無し
Resize162753

シフト有り
Resize162754

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年9月13日 (水)

・KANIの光害カットフィルター実写確認

KANIの光害カットフィルターで
フィルター有り無しを一般風景シーンで確認してみました。

以前の記事でNiSiより水銀灯と蛍光灯で効果があることが確認できました。

露出係数はおおよそ1段だったので、
フィルターありでは1段明るくして撮影しています。

右:フィルター無し
左:フィルター有り

Resize162747

Resize162748

Resize162749_2

Resize162751

ホワイトバランスを空で取りました。

太陽光下では0.7段分、フィルター有りで暗くなっていましたが
人工光源下ではかなり暗くなっていることがわかる。

残念ながら星が見えない空だったので、
星が綺麗なところでは効果がすごそう。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年9月11日 (月)

・KANIの光害カットフィルターの確認

以前にNiSiのNaturalNightフィルターの効果を確認しましたが、
同様にKANIフィルターのものもチェックしてみました。
Resize162740
NiSi同様に、これまで存在しなかった吸収タイプの光害カットフィルターです。
Web上に公開されている分光透過率のデータ
Bunko
分光的にはNiSiのものに近いが…。

実際の撮影
太陽光下で18%グレーを適正露出で撮影
Resize162745
同じ露出設定でグレーを撮影
Resize162746

フィルターをかませた分、暗くなります。
ただし、太陽光は自然光なのでなるべく素通しして欲しい。
日中太陽光下での露出係数は0.7段(2/3段)でした。
NiSiのが1段だったので、その点ではKANIのほうが性能がいい。

水銀灯下でグレーを適正露出で撮影
Resize162744
同じ露出設定でグレーを撮影
Resize163466

水銀灯の場合は露光差は1段分くらいでした。
1/3段、自然光より有利に働いています。

ナトリウム灯下
Resize162742
同じ露出設定でグレーを撮影
Resize162743

ナトリウム灯の場合も1段分暗くなっています。

つまり自然光に比べて、水銀灯でもナトリウム灯でも0.3段分は
光害をカットしてくれている。
NiSiのものは、水銀灯にはほとんど効果がないので
ここはKANIのフィルターのほうが良いものだといえる。

次回は実写編

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年9月10日 (日)

・ワイドスターマインをシフトレンズで撮る

先日、沼田の花火大会に行ってきました。
Resize162734

会場の真ん中に鎮座するクレーン車が何なのかと思っていたら
そこから花火が出る、すごい仕掛けだった。

Resize162733

ただ、山間で風がなく煙がすごいことに。

また、ワイドスターマインの正面の場所をとることができず
ちょっと斜めから撮影することに。
Resize162735

ここで、シフトレンズを用いて斜めっぽさを
減らすチャレンジをしてみました。

私の持っているレンズは
写真の長辺方向にしかシフトできないので
縦位置で撮る必要あり…。

まず、
同時に撮影していた別カメラによる全体像
Resize162739

中心より左にいることで。右奥のほうがすぼんでいます。
ここから、縦位置でシフトして撮った構図と同じ構図に
トリミング

Resize162738

そして、シフトレンズを用いて撮影した写真
Resize162737

多少は正面で撮った感が出ていると思う。
しかし、もともと解像度の低いこのレンズ、
シフトするとイメージサークルの端を使うので
片側の解像度がかなり厳しいことに…。

後々、この現象についても記事にしたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年9月 8日 (金)

ゲートブリッジ

ゲートブリッジに行ってきました。
ここは公共交通機関が結構夜まであるので行きやすい。

城南島海浜公園とかは行きにくい。

Resize162727

Resize162729

Resize162730

Resize162731

Resize162732

Resize162728
飛行機の軌跡の撮り方は改めて記事にしたいと思う。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

2017年9月 2日 (土)

・屋形船の軌跡撮影

隅田川はたくさんの屋形船が通ります。
そして屋形船は赤い提灯だけでなく、
いろんな色の船があります。

Resize162237

しかし、インターバル撮影で合成すると色がきれいに出ません

Resize162239
白飛び

Resize162238
色が薄い

重ねすぎると色が薄くなったり、
露出を間違えると、軌跡が白とびしてしまいます。

そのため、合成したい屋形船を狙ってインターバルではなくバルブで
撮影したほうが良い。
Resize162242

この屋形船の明るさは、絞り(F値)とISO感度でコントロールします。
シャッター速度は軌跡の長さ(屋形船のスピード)に合わせます。
花火と同じ

経験的にF16でND16を用いてISO100ならば屋形船の軌跡が
適正になります。
NDフィルタを使わないと軌跡が白飛びしてしまいがち。

橋の上から撮る場合は、
バスとか大きい車が通ると揺れてしまい、
遠景がブレちゃいます。
一枚、バスとかが通っていない瞬間を狙って
ブレていない写真を撮影しておいて、
それを合成に使用するといい。
この合成のやり方は星と同じ

Resize162243

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »