2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ・ワイドスターマインをシフトレンズで撮る | トップページ | ・KANIの光害カットフィルター実写確認 »

2017年9月11日 (月)

・KANIの光害カットフィルターの確認

以前にNiSiのNaturalNightフィルターの効果を確認しましたが、
同様にKANIフィルターのものもチェックしてみました。
Resize162740
NiSi同様に、これまで存在しなかった吸収タイプの光害カットフィルターです。
Web上に公開されている分光透過率のデータ
Bunko
分光的にはNiSiのものに近いが…。

実際の撮影
太陽光下で18%グレーを適正露出で撮影
Resize162745
同じ露出設定でグレーを撮影
Resize162746

フィルターをかませた分、暗くなります。
ただし、太陽光は自然光なのでなるべく素通しして欲しい。
日中太陽光下での露出係数は0.7段(2/3段)でした。
NiSiのが1段だったので、その点ではKANIのほうが性能がいい。

水銀灯下でグレーを適正露出で撮影
Resize162744
同じ露出設定でグレーを撮影
Resize162741

水銀灯の場合は露光差は1段分くらいでした。
1/3段、自然光より有利に働いています。

ナトリウム灯下
Resize162742
同じ露出設定でグレーを撮影
Resize162743

ナトリウム灯の場合も1段分暗くなっています。

つまり自然光に比べて、水銀灯でもナトリウム灯でも0.3段分は
光害をカットしてくれている。
NiSiのものは、水銀灯にはほとんど効果がないので
ここはKANIのフィルターのほうが良いものだといえる。

次回は実写編

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・ワイドスターマインをシフトレンズで撮る | トップページ | ・KANIの光害カットフィルター実写確認 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/71681477

この記事へのトラックバック一覧です: ・KANIの光害カットフィルターの確認:

« ・ワイドスターマインをシフトレンズで撮る | トップページ | ・KANIの光害カットフィルター実写確認 »