2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ・2017年も里の紅葉は期待できない | トップページ | ・Irix 11mmF4を確認 »

2017年10月28日 (土)

・最近のAFの技術の進化

以前はライブビュー専用(コンデジやスマホも同じ)のコントラストAF
一眼レフで使用される位相差AFの二つの種類くらいしかAFの方式ががありませんでした。

位相差AFはAF用ユニットの中に、AF用センサーが入っています。
このAF専用画素をメインの撮像素子に埋め込んだものが
像面位相差AFです。
この方式だと、ライブビューでも高速にAFが可能です。

像面位相差画素は2つで1セットで、それぞれ半分マスクがしてあります。
そのため、AF用の画素を埋め込むと、その部分が画素欠陥となります。
たくさん埋め込むとAFの性能が上がりますが、画質が低下します。

2

また、通常撮影用の撮像素子は画素ピッチがとても狭いので、
暗いところに弱いという欠点があります。

デュアルピクセルAFは
すべての画素を二つに分離し、全面を像面位相差AFにしたようなものです。
すべての画素をつかえる為、暗いところでも
画素加算などによってノイズを減らし、AFをすることができます。
また、絞って光束が変化しても画素密度が高いのでAFができます。

仕組み的には、カメラレンズの射出瞳の左側だけを用いて作った画像と
右側だけを用いて作った画像を使用するイメージです。
1

実際にレンズの左側と右側だけを用いて撮影した画像
Imgp6792
視差が生じているのがわかります。
人間の眼と同じでこの視差によって
ピント位置を決めることができる。

ToFセンサー
レーザーを出して測距を行う特殊なセンサーです。
Tofとは(Time Of Flight)の略で、
光が返ってくるまでの時間で距離を測定するものです。
時間といっても光はすごい速いので、
光の波長の位相差を測定します。
かなり正確に距離を測定できますが、遠くまではレーザーを飛ばせない、
ガラス越しだと使えないなどの欠点もあります。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« ・2017年も里の紅葉は期待できない | トップページ | ・Irix 11mmF4を確認 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/72073990

この記事へのトラックバック一覧です: ・最近のAFの技術の進化:

« ・2017年も里の紅葉は期待できない | トップページ | ・Irix 11mmF4を確認 »