2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 高ボッチで天体撮影 | トップページ | ・LAOWA 12mm F2.8 Zero-D にフィルターを付けるときの注意 »

2017年10月 8日 (日)

・宙玉天の川

宙玉で天の川を撮影しました。
Resize163379
Resize163382
Resize163383

Resize163380

上の写真では天の川が良くわからないと思います。
実はこれ、非常に難易度が高い。

まず前提として、天気が晴れていて、
天の川が肉眼でもはっきり見える場所で、
月のない夜に撮影する必要があります。
この時点で、普通の会社勤めの人には
土日になるので、年に数回しかチャンスがありません。

さらに天の川をきれいに写したいなら、夏のほうが
銀河系の中心の明るいところが見えるので、
夏で、かつ空気が澄みわたっていないといけない。

天体ナビアプリ(StarWalk)での
7月の夜12時の天の川
Getfileattachment

11月の夜12時の天の川
1

そして、星撮影の基本ですが、
星は日周運動をするため、赤道儀を用いて星を止める必要があります。
ペンタックスのアストロトレーサーでは止められません。
これは、宙玉撮影では手ぶれ補正をoffにする記事と同様
宙玉の玉の部分はレンズの焦点距離と違い超広角になるため、
2つの焦点距離のレンズで同時に撮影するようなことになるためです。

また、空玉で玉の内部と外部で両方ともはっきりと写す為には
絞る必要があります。
F22とか。
そうすると必然的にシャッター速度も長くなるor感度を上げる
必要があるので、赤道儀のセッティングに精度が求められる。

また、天の川の星を大きく写す為にソフトフィルターを使用します。
宙玉には72mmのフィルター溝が切ってあるので、
ソフト効果が大きいsoftonBを使用。

今回撮影に用いた機材はこんな感じです。

Resize163378

赤道儀は安価な、nanotrackerを使用。

日本の緯度はだいたい35度なので、
35度の角度がついているアングルプレートを使用。
(CP+でやっているアウトレットで購入)

私は極軸合わせで、北極星が見つけられない
ニワカなので、ポーラメーターを付けています

アングルプレートの下にあるのは、レベリング雲台。
水平出しを高精度に行うことができます。
アマゾンのタイムセールの時に安く手に入れました。

そのしたに、普通の雲台と三脚があります。
(ただし、大型で丈夫なもの)

意外と荷物が多く、車で行かないと大変です。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

« 高ボッチで天体撮影 | トップページ | ・LAOWA 12mm F2.8 Zero-D にフィルターを付けるときの注意 »

写真講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725916/71912477

この記事へのトラックバック一覧です: ・宙玉天の川:

« 高ボッチで天体撮影 | トップページ | ・LAOWA 12mm F2.8 Zero-D にフィルターを付けるときの注意 »